ミュージカルパレード感想 実際に起きた冤罪事件がテーマの繊麗で濃密な人間ドラマ

ミュージカルパレード感想 実際に起きた冤罪事件がテーマの繊麗で濃密な人間ドラマ

観劇感想 ホリプロ

ミュージカルパレード感想 実際に起きた冤罪事件がテーマの繊麗で濃密な人間ドラマ

投稿日:2017-06-06 更新日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

ミュージカル『パレード』を観劇してきました。今回はパレードの感想をザックリと書いていきます。

 

まずお伝えしたいのはこのパレードという作品について、あなたが少しでも興味を持ったのなら絶対に見るべきです

決して万人受けするようなハッピーな内容ではありません。バッドエンドです。

見ていて胸糞悪いし腹立つし理不尽だし、見終わってから1週間以上経ってもなお悶々とします。正直しんどかった。

でも、見るべきなのです。

見ておいたほうがいい、なんて優しい言葉ではいいません。パレードは見るべき、です。

 

スポンサーリンク

ミュージカルパレード感想

ミュージカルパレードは、1913年の米国アトランタで実際に起きた冤罪事件である「レオ・フランク事件」を題材としたミュージカルで、1998年ブロードウェイで初演。

「オペラ座の怪人」の演出家、ハロルド・プリンスが演出し、トニー賞2部門(最優秀作詞作曲賞、最優秀脚本賞)を受賞している作品です。

日本では今回2017年が初演となります。

このミュージカルを見る前に、レオ・フランク事件について少しでも知っておいた方がより理解が深まります。ググればいくらでも詳細な解説記事(ウィキペディアなど)を読むことができます。

その事件そのものがかなり胸糞ですし、リンチされたレオ・フランクの写真が掲載されているので、閲覧注意としておきます。

舞台を見る前にあまり詳しくは知りたくない人であっても、ホリプロ公式のあらすじだけでも読んでおいたほうが良いでしょう。

さらに、作品の背景について詳しく書かれた1枚のレポートを劇場でもらえるので、開演前にはそのレポートを読んでおけば尚よしでしょう。

そうです。この酷すぎるお話は決してフィクションなどではなく、かつて実際に起きた事件であることが重要なキーポイントです。

 

登場人物は結構多めです。

まず主人公のレオ・フランク(石丸幹二)は鉛筆工場の工場長。そしてレオの妻、ルシール・フランク(堀内敬子)。この夫婦は上流階級のユダヤ人です。

鉛筆工場で殺されたのは、メアリー・フェイガン(莉奈)、白人の美少女で13歳。

ハッキリとした悪役は3人。ユダヤ人を目の敵にする政治活動家のトム・ワトソン(新納慎也)。レオを犯人に仕立て上げる検事のヒュー・ドーシー(石川禅)。そして重大な嘘の証言をした鉛筆工場の黒人清掃員のジム・コンリー(坂元健児)。

また、スクープの為なら手段を選ばない新聞記者のブリッド・クレイグ(武田真治)も、当初ヒュー・ドーシーに「事件の早期解決を」と圧力をかけたスレイトン知事(岡本健一)も、微妙だけど悪っちゃ悪です。

 

実直すぎるほど真面目で、間違いなんて起こすはずもない上流階級のレオ・フランクにとって、不利な証言(全て仕組まれた嘘)が次々と出てきて、レオは壮絶に追い込まれていきます。

また裁判中に、レオが悪人に変貌し(証言の中の悪いレオ)歌い踊るシーンがあったり。

不思議なことに、絶対違うってわかっている筈の観客も「あれ?もしかしてレオが犯人なの?」と、疑ってしまうような展開になります。こういう心理って怖いよね。

 

唯一救われる(?)のは、妻ルシールを演じる堀内敬子さんの存在でしょう。追い込まれていくレオは味方であるはずの妻ルシールに辛くあたったりするんですけど、レオを助けるべく必死に奔走するルシールは強かったし、レオに優しく話しかけるルシールはこの作品唯一癒やしの存在でした。

 

2幕、レオとルシールのふたりでピクニックをするシーンが大変印象に残りました。

その時点で、当初死刑判決を受けていたレオは減刑されているのですが、ルシールの働きかけもあって刑務所での暮らしぶりは、そう悪くないものにまでなっていました。

やがて事件の間違いが認められて、恩赦になって、ふたりはまた幸せに暮らすのかな…そうなったらいいな…と、淡い期待を寄せてしまうほど、とても素敵なシーンでした。

 

さて、このパレードはまるでストレートプレイのような演出が取り入れられており、目を見張りました。

特に紙吹雪と、斬新な照明と、大きな木には相当なインパクトを感じました。なかでも紙吹雪は、ものすごい量が舞台に降り注がれます。量的には尋常ではないです。

そして最初から最後まで、舞台一面に色とりどりの紙吹雪が散らばったままです。

また、妙にキャッチーな音楽が耳に残り、さらにキャストによる圧倒的な歌唱力に心を持っていかれます。音楽面ではダイナミックさを強く感じました。

 

私は、当初ノーマークでパレードを見るつもりはなかったのですが、とある人から「他を削ってでも見たほうがいい」と、強くオススメされたので急遽予定を変えて見にいきました。

そこまで言われないと見に行かないというのもアレなんですが、基本好きな作品を長年に渡って何度も見続けるスタンスなので、こんなキッカケでもない限り新規にミュージカルを見ることはないし、運良くチケットをすぐに入手できたことで行くことができました。

東京公演開幕直後は空席が目立っていた劇場は、公演終了後の観客の感想(評判)がSNS等で広まり、チケットはどんどん売れていきました。千穐楽では立ち見に50人も入ったとのこと。

いや、なかなかないですよ。50人も立ち見って。

パレードを見て「良かった」…という感想は決して適当ではないのはわかっていますが、良いか悪いかで言うと「私はパレードを観劇して良かった」と心から思います。

パレードはリピートしたくなる仕掛けというか、事件の闇と人間ドラマがあまりに深すぎて(こみ入りすぎて)一回見たぐらいでは咀嚼できず、納得していない部分はいくつも残っていますし、もう一回見ようと思う人は多いはずです。

私もそうです。

そういった面でも、中毒性の高い作品と言えるでしょう。

 

東京公演は終了しましたが、短い期間ながらも大阪・名古屋と公演が続きます。

あらゆる意味で問題作とも言えるパレードは、ミュージカルの枠組みを超えた、濃密で繊麗な人間ドラマです。

あなたはどう感じて、何を思うのか。是非ご覧になってください。

 

関連記事:

ホリプロミュージカル公演ラインナップ【2017年6月版】
ホリプロミュージカル公演ラインナップ【2017年6月版】

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はホリプロが企画制作・主催するミュージカルや演劇作品の上演ライ …

続きを見る

 

ミュージカルパレード 2017年5月27日のキャスト

レオ・フランク 石丸幹二
ルシール・フランク 堀内敬子
ブリット・クレイグ 武田真治
トム・ワトソン 新納慎也
ニュート・リー 安崎求
ミセス・フェイガン 未来優希
フランキー・エップス 小野田龍之介
ジム・コンリー 坂元健児
ローン判事 藤木孝
ヒュー・ドーシー 石川禅
スレイトン知事 岡本健一

ルーサー・ロッサー 宮川浩
サリー・スレイトン 秋園美緒
ミニー・マックナイト 飯野めぐみ
メアリー・フェイガン 莉奈

石井雅登
杉山有大
当銀大輔
中山昇
水野貴以
横岡沙季
吉田萌美

ミュージカルパレード概要

ミュージカルパレード公式サイト

東京公演:東京芸術劇場プレイハウス 2017年5月18日~6月4日
大阪公演:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 2017年6月8日~10日
名古屋公演:愛知県芸術劇場大ホール 2017年6月15日

作:アルフレッド・ウーリー
作詞・作曲:ジェイソン・ロバート・ブラウン
共同構想およびブロードウェイ版演出:ハロルド・プリンス
演出:森新太郎
翻訳:常田景子
訳詞:高橋亜子
振付:森山開次
音楽監督:前嶋康明
主催・企画制作:ホリプロ

パレード icon(チケットぴあ)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

禁断先生

「今週もやっぱり禁断症状」の管理人、観劇ブロガーの禁断です。禁断先生なんて呼ばれております。こんにちは。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。好きな言葉は「生命と時間は無駄に使うな」。今回こちらの「禁断劇場」を復活させ、読みものを中心に書いていくことにしました。引き続きよろしくお願いいたします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 
ツイッター
 メルマガ お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事がおもしろいと思ったらシェア!

禁断劇場イチオシ記事

トニー賞2017授賞式結果 ディア・エヴァン・ハンセンが6部門受賞!トニー賞パフォーマンスまとめ 1

※この記事は2017年4月20日に初稿し、後に大幅に加筆・再編して再公開しました ※トニー賞授賞式2017受賞結果をまと …

知らないと損!劇団四季チケットをクレジットで買うならJALカードが最強な理由 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、劇団四季をよく観劇する人なら絶対知っておいてほしい、おトク …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年6月7月版】 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、WOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめまし …

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演【2017年6月版】宝塚/帝劇/梅芸/四季/貸切/優待割引 4

みなさんこんにちは!禁断です。 今回は、私も使っている三井住友VISAカードほかで利用できるVpass(ブイパス)チケッ …

宝塚ミュージカル教室に通う女子 5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は「宝塚ミュージカル教室」という、ダンス教室をご紹介しますね! …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今 …

-観劇感想, ホリプロ
-, , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 AllRights Reserved.