ディズニー映画美女と野獣実写版ネタバレ感想 ミュージカル版との違いと、ミュージカル版ファンなら見るべき理由

ディズニー映画美女と野獣実写版ネタバレ感想 ミュージカル版との違いと、ミュージカル版ファンなら見るべき理由

美女と野獣 ディズニー映画

ディズニー映画美女と野獣実写版ネタバレ感想 ミュージカル版との違いと、ミュージカル版ファンなら見るべき理由

投稿日:2017-04-21 更新日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

本日(2017年4月21日)公開となった、ディズニー映画『美女と野獣』(実写版、主演:エマ・ワトソン)を早速鑑賞しました!

今回は映画美女と野獣のネタバレありの感想と、カンタンに見どころと解説。

また、ミュージカル版美女と野獣の違いと、ミュージカル版のファンなら絶対見るべき理由をザザッと書いていきますね!

 

 

スポンサーリンク

  

ディズニー映画『美女と野獣』実写版:ミュージカル版美女と野獣との違い、ミュージカル版を好きな人は見たほうがいい理由

映画を鑑賞した劇場:109シネマズ大阪エキスポシティ

仕様:IMAX®次世代レーザー2D、字幕版

美女と野獣主なキャスト

ベル エマ・ワトソン
野獣 ダン・スティーヴンス
ガストン ルーク・エヴァンス
ル・フウ ジョシュ・ギャッド
モーリス ケヴィン・クライン
ルミエール ユアン・マクレガー
コグスワース イアン・マッケラン
ポット夫人 エマ・トンプソン
チップ ネイサン・マック
プリュメット ググ・バサ=ロー
マダム・ド・ガルドローブ オードラ・マクドナルド

あらすじ

まずは、美女と野獣のあらすじです。

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

(引用:http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

 

主演はエマ・ワトソン

はい、もうおなじみのディズニー美女と野獣。今回の実写版はベル役に映画ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー・グレンジャー役、エマ・ワトソンが出演ということで、製作発表の段階から世界中で話題になっていました。

 

日本語吹き替え版には一線級のミュージカルキャストが総出演!

日本では少し遅れての公開となりましたが、日本語吹き替え版には第一線級のミュージカル・キャストが出演ということで、「プレミアム吹き替えキャスト」と銘打ち、ベル役に昆夏美、野獣役に山崎育三郎ほかと、ミュージカルファンなら泣いて喜ぶ布陣で、ディズニージャパンもこの実写版美女と野獣にはめっちゃ気合いを入れていることがヒシヒシと伝わります。

 

今回は字幕版の感想です

私は「美女と野獣は公開日にIMAX次世代で見る!」と決めていたので、今回は字幕版の鑑賞となりました。

よってプレミアム吹替え版は後日また見にいきます。今回は字幕版の感想です。

 

※映画のネタバレをガッツリ書きますので気をつけてください!

 

新たに明らかになるベルと野獣の共通点とは

今回の実写版美女と野獣の特徴は、野獣とベルの共通点がクローズアップされます。

「ベルがだーいすきなものってなんですか?」

はい、読書ですね。聡明で一歩先を行く考えを持つ美少女ベルは、閉鎖的で古い考えを持つ住民ばかりの小さな村では「変わり者」扱いをされている、というのはもうおなじみの設定です。ベルは悪口を言われていることは知っていて、結構傷ついています。

で、そんな聡明なベルに対して、ミュージカル版の野獣は結構アホですよね。学はないし字も読めない。王子なのに一体どうしたの?あらゆる教育を拒絶して好き放題生きてきたの?って感じです。まぁ字が読めないからベルにアーサー王伝説を読み聞かせしてもらって…というシーンが映えてくるのですけど。

実写映画版の野獣は「高尚な教育を受けてきた」とベルに話します。なんと!

そうなんです。野獣はめっちゃ賢い王子だったんですね。学もちゃんとある。野獣も読書が大好きでベルよりも沢山の本を読んでいるから、ベルが本の話をしたら「フッ、それはもう既読だぜ」とドヤ顔で賢そうな読書感想を述べます。野獣さんがですよ。

「えーこの野獣本読むんウッソーン!」と、ベルが野獣に憧れの眼差しを向けたところで、あの図書室に連れて行かれて本の山ドーン!ですよ。キャー!と叫びたいのをグッとこらえたベルは「もしかしてここの本全部読んだの?」と。野獣は「まさか、ギリシャ語は読めない」とジョークを言います。

いやこれ、どういう意味のジョークなのかサッパリわからなかったんですけど、きっと高尚な教育を受けて聡明な人にしかわからんジョークなんでしょう!野獣が渋い感じで図書室から退室。ベルはもうキャーと大喜びです。

きっとあのジョークに惚れたな…

話を戻すと、ミュージカル版のベルと野獣の関係は、ある時には母(ベル)と子(野獣)のような関係にも見えるんですけど、映画版のベルと野獣はお互いをリスペクトし自然な流れで仲良くなり、やがてお互いが恋人として意識をしていく流れになっていきます。

 

初めて明かされるベルの母親について

そしてもうひとつの共通点は親の存在です。

ベルにはモーリスというパパがいますね。ミュージカル版(ディズニーアニメーション版)のパパは、まぁ、ザ・ディズニー!って感じのおとぼけパパさんで、なにやら奇妙な発明をするという人でしたが、今回の実写映画版では奇人感はゼロ。

妙な発明なんかは一切せず、かわいらしいカラクリ時計なんかをつくる職人さんです。ベルの事を愛している優しいパパ。もちろんベルもパパの事が大好き!です。

今回の実写版ではもうひとつ掘り下げて「ベルの母親のこと」が語られます。

ベルが物心ついたときから母親はおらず、モーリスに尋ねても「お前のママは勇敢だった」と言うばかりで、なぜママがいないのかはベルは知りません。ベルはずっとそのことを気にしていました。

野獣は、城に呪いをかけた魔女が残していったという魔法の本(?)をベルに見せます。「これでどこにでも好きな場所にいける、願いなさい」と。ベルは幼いころパリにいたというモーリスの話をたよりに、「パリにいきたい」と願います。

不思議な魔法がかかり、ベルが幼いころに住んでいたパリの家に着いたベルと野獣。そこでベルは「母は疫病で死んだ」ことを知ります。野獣は「ベルに病気が伝染らないようにお母さんだけがここに残ったのだろう」と。

そうです。モーリスはベルを連れて、ベルのお母さんをパリに残して今の村に引っ越ししたのです。それはもちろんベルのために、モーリスとベルのお母さんが決断した、辛い過去でした。

野獣は、そこでベルに非礼を詫びます。「お父さんのことを盗人呼ばわりしてすまなかった」と。

野獣の母も同じく、野獣が子どもの頃に病気で亡くなっています。お母さんが死んだことで野獣は荒れ、傍若無人な振る舞いをするようになったのです。(結果、魔女によって呪いをかけられた)

野獣もまた、親を亡くしたことで傷ついていたのです。

モーリスがガストンに捕らえられ施設送りにされそうになっているのを魔法の鏡を通じて知り動揺するベルに、「今すぐ行きなさい」という野獣。

この、親を亡くした悲しみのエピソードを辿ってからの「行きなさい」の流れになるので、胸にグッとくるものがありました。というか、めっちゃ泣いた。

 

重要な存在である「呪い」をかけた魔女

さて城ごと野獣に呪いをかけた魔女のことも話しておきましょう。

ミュージカル版ではなぜか門番のように立っている王子(野獣)がいて、そこにみすぼらしい老婆が一晩の宿を求めて訪ねてきたところ、王子が老婆の申し出を断り、怒った老婆(魔女)が呪いをかけて野獣に…という、アレでしたね。

これではぶっちゃけちょっと短絡的すぎるというか、宿を断られたぐらいでそんな怖い呪いをかける?っていう印象でした。私はね。魔女、怒りすぎじゃね?と。

今回の実写版では冒頭、王子がド派手な舞踏会を開いています。マダム・ド・ガルドローブがオペラを歌い、国中から集まった綺麗どころが大勢並んで、王子とダンスを興じています。

そこに老婆が現れ、城に一晩の宿を求めます。母の死後、美しいものだけを追求に収集し傍若無人な振る舞いをするようになった王子は当然、そのみすぼらしい老婆を見下します。老婆は一本の薔薇を王子に渡しますが、王子は鼻で笑ってその薔薇を投げ捨てるのです。

老婆は「外見の醜さだけで判断してはいけない」と言って美しい魔女に変身します。人々はギャーギャー逃げまといパニックになる舞踏会。恐ろしい呪いはすぐにかけられました。王子は野獣に。城の住人も含めて。恐ろしい呪いを。

そして一本の薔薇が残ったのです。

……で、ですね。この魔女!これで出番は終わりではありません。でもこれを書いちゃうとちょっとネタバレしすぎでつまらないので、見てからのお楽しみにしておきますね。

 

スポンサーリンク

ガストンとル・フウについて

はい、ガストン。めっちゃイケメンでした。

登場当初はちょっとおナルでマッチョなイケメンって感じでしたが、「手の届かない獲物ほど燃える」とベルと結婚することに焦点を定め追求するばかりに、どんどん恐ろしい本性を露わにしていきます。

まぁ、普通にモーリスを殺そうとしますね。ベルには「あなたこそ恐ろしい野獣よ!」と言われますが、野獣どころかあれではもはや悪魔です。

野獣との対決シーンでは卑怯にも野獣の背後からライフルで野獣の背中を撃ちます。3回もよ!死ぬっつーの!

ただですね。このガストン。今回の実写映画版では「兵役を終えて村に帰ってきて狩猟をやっている」という設定になっています。

もしかしたら兵士の時代に何か彼を狂わせるようなことがあったのかな?とも思いましたが、これについては特に語られませんでした。

そんなガストンもやはりディズニーヴィランズ特有の最期をむかえます。

そしてガストンの相棒ル・フウは、ミュージカル版やディズニーアニメーション版では、ザ・ディズニーって感じのコミカルというかまるで狂人のようなキャラでしたが、実写版ではインテリ風のキレモノって感じで、いたってまともな人間でした。

ル・フウはガストンのことが好きなんですね。で、いつも側にいてるんですけどガストンはそのコトについては気付いていません。ル・フウの恋は叶わないのです。

ル・フウはしばしば哲学的な台詞を言ったり、ガストンに最適な言葉を教えたりもします。

そしてル・フウはガストンに度々的確な助言をします。ガストンの頭に血が登ってきたのを察して、なだめて落ち着かせようともします。

でも、ガストンはモーリスを殴り、狼に食い殺されることを期待して残酷にもモーリスを森に放置しました。ル・フウは何度も「今戻ればまだ間に合う」と、モーリスを助けるようにガストンに助言しますが、ガストンはル・フウの言うことは聞き入れませんでした。

ル・フウは最後のお城襲撃でコテンパンにやられてしまうんですけど、やがてその襲撃自体アホらしくなってしまい、なんとお城側の味方につきガストンを見捨てます。

ミュージカル版と比較すると、ル・フウのキャラが一番変わっていますね。アナ雪のオラフも演じたジョシュ・ギャッドは歌もめっちゃうまかったです。

というか、あのキャラはジョシュ・ギャッドじゃないとできないと思う。ル・フウもまたこの実写版美女と野獣のキーマンの一人になっていました。

 

音楽・歌について

さて、最後に美女と野獣の音楽や歌についても書いておきましょう。

ディズニーアニメーション映画版、ミュージカル版に引き続き、今回の実写版も音楽は巨匠アラン・メンケンの作曲によるものです。

ディズニーアニメーション映画版、ミュージカル版のナンバーに加えて、今回の実写版からの新曲もあります。

大きな違いは野獣のソロ・ナンバーです。ミュージカル版ではベルが好奇心から「立ち入ってはいけない」と言われた西の塔にやってきて、魔法の薔薇に触ろうとしたところを野獣に見つかり怒鳴り散らされ、ベルは城から逃げてしまいます。

そこで野獣は「If I Can’t Love Her(愛せぬならば)」というナンバーを歌いますが、今回の実写映画版には、この「愛せぬならば」は歌いません。

愛せぬならばの代わりに、モーリスがピンチでベルに「行きなさい」と言った後、新曲「Evermore(ひそかな夢)」を野獣が歌います。

まぁ、愛せぬならば風です。でも、新曲です。私は今回の新曲の方が歌うタイミングとしてもこの「ひそかな夢」は結構シックリきました。

そしてエマ・ワトソンの歌について。エマ・ワトソンはミュージカル俳優ではないので、ずばぬけて歌が上手い!ということではないです。言ってしまえば普通なんですけど、でもなんといいますか、可憐で美しいベルにピッタリの綺麗な歌声で聴かせてくれました。

というか、この映画のエマ・ワトソンのキャスティングは本当に奇跡と言っていいでしょうね。ベルがエマ・ワトソンで本当に良かったと思った。映画を見終わってまず思ったのはソレでした。

あの黄色のドレスを着たまま馬に乗って走るし、とにかく大活躍です。本当に本当に(×100繰り返したいぐらい)素敵でした!

 

まとめ:ディズニー美女と野獣実写映画版をミュージカル版ファンが見たほうがいい理由

はい。今回公開されたディズニー実写映画版美女と野獣は、ミュージカルファンならきっと納得する、大変洗練された出来栄えになっています。

その理由はベルと野獣の過去に一歩深く踏み込み、その傷の深さや心の痛みについて描いているからです。共通する「亡くした母親」についてですね。

また、野獣が実は高尚な教育を受けているとても賢い人で、読書好きが共通したことにより、ベルが野獣に惹かれた理由についても納得できたということ。

また、奇人キャラだったモーリスとル・フウをまともな人にしたことで、ガストンが危険な人物であることがより強調されたということ。

そして、城ごと野獣に呪いの魔法をかけた魔女の存在です。この映画では非常に重要な役割を担っています。魔女については今回の記事ではネタバレを避けたので、是非映画館で見て、納得してください。

この実写映画版は、ミュージカル版では語られなかった点がうまい具合に補完されているので、ストーリーとしても大変よくできています。

音楽や歌はミュージカル版とほぼ同じで新曲も入っていますから、これはミュージカル版ファンであれば絶対気に入る映画だと思うし、絶対に見てほしいと思います。というか、見てホンマに!ビー・アワ・ゲストは見ものですよ。

とにかくエマ・ワトソンがベルにピッタリすぎる!それだけでもめっちゃ感動です。あー泣いた。

みなさんも是非、エマ・ワトソンの美女と野獣を映画館で見て、楽しんでくださいね!

次は近いうちにプレミアム吹替え版を見にいきますよ。それでは!

 

美女と野獣プレミアム吹き替えミュージカルキャストの詳細はこちら

ディズニー実写映画『美女と野獣』プレミアム吹替版ミュージカルキャスト紹介&まとめ
ディズニー実写映画『美女と野獣』プレミアム吹替版ミュージカルキャスト紹介&まとめ

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 日本では2017年4月21日から公開を開始する、エマ・ワトソン主演のディズニー映画『美女と野獣』の日本語吹き替えキャストが発表されました。 ミュー …

続きを見る

ディズニー実写映画『美女と野獣』エマ・ワトソン主演 MovieNEX(Blu-ray+DVD)2017年10月4日発売
ディズニー実写映画『美女と野獣』エマ・ワトソン主演 MovieNEX(Blu-ray+DVD)2017年10月4日発売

✨『#美女と野獣🌹』の実写版&アニメーション版の比較映像が解禁✨ 『美女と野獣』MovieNEX(ブルーレイ・DVD)は10/4(水)発売決定!https://t.co/pUDRIMj …

続きを見る

Disney 美女と野獣

ディズニー美女と野獣公式サイト

2017年4月21日~上映中

スポンサーリンク

  

この記事を書いた人

禁断先生

禁断です。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。最近健康の為に禁酒しました。よろしくお願いします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 ツイッター メルマガ お問い合わせ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事をシェアしてね!

禁断劇場イチオシ記事

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年10月・11月版】 1

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はWOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました。 WOWOWでは特にトニー賞、井上芳雄、宝塚歌劇、2.5次元に力を入れています …

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演 宝塚・帝劇・四季・梅芸・貸切・優待割引まとめ【2017年9月版】 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はVpass(ブイパス)チケットについて紹介します。 宝塚歌劇団や帝劇ミュージカルなど、通常ルートでは入手できない貸切や半館貸切などの公演チケ …

劇団四季リピーター必見!JALカードでマイルを貯めて劇団四季ギフトカードと交換してタダでミュージカルを見る方法 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、劇団四季をよく観劇するリピーターの人なら絶対知っておいてほしい、おトク情報を紹介します。   スポンサーリンク    この記事の …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今回はタイトル通りですが、ミュージカル観劇に使えるクレジットカードのご紹介をします …

あの伝説の金ロー劇団四季キャスト吹替を収録した映画オペラ座の怪人Blu-rayコレクターズ・エディション再生産決定! 5

#劇団四季 の俳優による日本語吹替も収録した、2012年発売版『#オペラ座の怪人 Blu-rayコレクターズ・エディション』が数量限定で再生産決定長らく市場に出回っていなかった人気アイテム‼️詳しくD …

カジモドベアを買ってもらってよろこぶ女の子 6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘京都公演グッズの7点「カジモドベア2」「エスメラルダベア」「ノートルダムの鐘Tシャツナンバー(S・M・L)」「キーホルダー …

-美女と野獣, ディズニー映画
-, , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 All Rights Reserved.