劇団四季キャッツ大阪2016感想

劇団四季キャッツ感想 ジーニーとアリエルが揃って大阪にきてくれたぞ!観劇レポ

劇団四季 キャッツ 観劇感想 三平果歩

劇団四季キャッツ感想 ジーニーとアリエルが揃って大阪にきてくれたぞ!観劇レポ

投稿日:2016-10-21 更新日:

この記事は2016年7月20日に初稿、のちに再編し再公開しました。

 

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

先日は劇団四季のミュージカル『キャッツ』大阪公演(大阪四季劇場)を観劇してきました。

今回の記事は、キャッツ2016大阪公演 開幕2日目(2016年7月17日)の観劇感想をざっくりと書いていきます。

 

 

・この記事をスマホからサクサク読めるAMPで読む

・この記事を通常版で読む

 

 

スポンサーリンク

キャッツを見るのめっちゃ久しぶりだったよ!劇団四季キャッツ 大阪公演観劇感想

私は、前回四季のキャッツを見たのは横浜公演(2009~2012年、キヤノン・キャッツ・シアター)の時でしたので、随分久しぶりになりました。

横浜から大阪までの間には、広島⇒仙台⇒静岡⇒福岡⇒札幌と、日本中を駆け巡ってきたキャッツ。

その間には「たまにはキャッツみたいなぁ」なんて思うだけで、結局一回も見に行くことはありませんでした。

 

大阪は私の地元ですし、今も大阪に住んでいますから、大阪にキャッツが帰ってくるということであれば、もう「見にいかない」という選択肢はありませんでした。「四季の会」会員先行予約でさっさとチケットを確保しましたよ。

 

大阪での上演はなんと13年ぶり!

何度か書いていますが、大阪で上演するのはなんと13年ぶりということです。

大阪はロングラン公演が多く、東京のようにいくつも劇場があるわけではないので、再演といっても10年ぶりとかそんな感じにどうしてもなってしまうことがあるんですね。

初演から33年も経つのに 大阪公演は4回目ということに「意外にきてないね」というちょっとした驚きもありました。

 

個人的には地元大阪で見るキャッツは、1992~1993年のキャッツドームin大阪スタジアムでの公演以来ということ。(MBSではみていない)

また、大阪初演(1985~1986年、西梅田コンテナヤード跡地、キャッツ・シアター)では実は何度も見に来ていて、その懐かしい西梅田コンテナヤードに近い 大阪四季劇場での上演だということ。

 

また、個人的には初めての既存劇場をキャッツ・シアターに改造(?)した公演を見るということなどなど。

思い出がたくさん詰まった大好きなキャッツを地元大阪で見るということに、まるで子どものようにワクワクとした気持ちで見に行ってきました。

 

ウエストエンドカンパニーのキャッツも見たよ

横浜公演と大阪公演の間に、実はウエストエンドキャストのキャッツを2回見に行っています。これはロンドンでの上演ではなく、韓国ソウル市のブルー・スクエアで上演した、カンパニーごとやってくる来韓招聘公演(英語上演)でした。

生演奏で、大人数のキャストが出てくる本場のキャッツも 迫力があってめっちゃ良かったんですよ。

 

後ほど ちょろっと書きますが、このウエストエンドの演出を参考にしているかも?という印象がありました。今回の大阪公演でですね。

 

大阪公演のキャッツはツアー公演仕様でコンパクトだけどしっかりキャッツ・シアターになっている

さて、今回のキャッツのセットというのは、いわゆるツアー公演仕様(既存劇場に対応したつくり)になっており、かなりコンパクトな印象です。

これは、先日発表されたキャッツ東京公演(上演時期未定)は、キャッツ専用劇場(キャッツ・シアター)でやるのだとすると、キャッツ2班体制(東京大阪 2都市上演)というのは、まぁ不可能ではないのかな。と、大阪公演のステージを見て まず思いました。実際にやるやらないはおいといてね。

 

劇場内を彩り飾る装飾品(ゴミ)なんかは、専用/ツアーと共通して使っているものもあるとは思いますが、キャッツの舞台機構に関していえば、キャッツ・シアター時代のそれとは全く別で、かなり小型なつくりになっています。

さらに、今回の キャッツ大阪公演のプログラムを確認すると、総勢130名近くもの大勢のキャストが発表されています。これは随分多いと思うのですが、もしかすると2班体制を実現させるためのキャスト増員なのかな?とも思っています。

 

もともとキャッツのキャスティング人数は多めではありますが、2班体制になったとしても 対応できるように準備は進めているのかなとも思いました。

 

あ、ゴミに関してですが2階の方に飾っているゴミはちょっとアレね。立体じゃなくて一部 絵(カキワリ)だったね。まぁ仕方ないよね(小声)

わざわざ確認には行きませんでしたが、1階席のゴミはしっかり立体で作ってあります。

 

 

既存劇場版キャッツには回転席はありませんが、舞台は回転します。これはキャッツというミュージカルの舞台の特徴ですね。回転するのはオーヴァーチュアの一回きりですけど、この回転を見てああやっぱりキャッツだなぁと思うのです。

ただ、その回転する舞台の上には猫はいませんでした。最初に出てくるのってランペルティーザ、コリコパット、ランパスキャットでしたっけ?札幌までは居てたのかな。あの動く舞台の上に猫がいるのがかわいかったのに、ちょっとさびしいですね。

 

ですが、うまいぐあいに1階から2階までに猫が通れる通路を繋いであって、猫たちは2階席まできてくれます。2階に来るのは雄猫だけでしたが、それでも猫が近くまで来てくれるのは嬉しいですね。

コンパクトな印象ではありますが、劇場全体に装飾を施してしっかりキャッツ・シアターになっていることにテンションがあがりました。やっぱりキャッツはコレが魅力のひとつになりますね。

 

休憩時間には、舞台にあがって見学できる

随分前のキャッツは、1幕終わりから2幕の始まりまでオールドデュトロノミーは舞台から動かず、即席サイン会(&握手会)というものがありました。私も北川潤さんと握手して、プログラムにサインをしてもらったものです。

もうサイン会はやっていませんが、今回の大阪公演では 舞台にお客さんが上がって見学できるというプチコーナー(?)が実施されていました。

 

舞台の上を自由に行き来できるというのではなく、係の人の誘導でゆっくり見学しているような雰囲気でした。

でもめったとない 舞台に上がれるチャンスでもありますから、興味のある人は幕間にステージまで行ってみてくださいね。

 

キャッツ大阪公演で注目したのは6匹の猫!:キャスト別感想

それでは今回観劇したなかで、特に注目していたり印象に残ったキャストを中心に、ササッと感想を書いていきますね。

 

渾身のメモリーに泣かされた!:木村智秋グリザベラ

(Twitter:@shiki_jp キャッツ大阪公演製作発表会より 左から3番目がグリザベラ:木村智秋)

©RUG

 

まず グリザベラを演じたのは木村智秋さん

五反田/大崎キャッツ・シアターのグリザベラ役としてキャッツデビューした木村智秋さん。大阪四季劇場では、オペラ座の怪人(アンサンブル)、そしてウィキッドエルファバ役として出演していました。

五反田時代ではこれまで出演していたグリザベラのタイプとは違ったため、当時は批判する人も多かったんですけど、私は当時から木村さんのグリザベラが好きでした。

 

札幌公演から四季復帰となったんですよね。キャッツのニコ生で木村智秋さんが出てきてくれて、嬉しかったこと。

そして今回、大阪四季劇場のキャッツにグリザベラ役として出演してくれるなんて本当に嬉しかったですよ。地声歌唱のメモリー、泣けました。

 

美声に酔いしれよ!:奥平光紀ジェリーロラム=グリドルボーン

ジェリーロラム=グリドルボーンを演じたのは奥平光紀さん。今回キャッツでは初登場となります。

稽古場キャストの中では、実は個人的に一番期待をしていたのは奥平光紀さんのジェリーロラムでした。

「ユタとふしぎな仲間たち」では綺麗な歌声を聴かせてくれましたからね。

 

そして、私が期待していた通りの美声でした。奥平さんええですね。ですが、3ガールズでは奥平ジェリロの歌声ばかりが目立ってしまいました。

奥平さんは、グロールタイガー役の瀧山久志さんとの歌声の相性は良好。かわいい小悪魔グリドルボーンを演じていました。とても良かったですよ。

 

誰もがかわいいというけどホンマにかわいい!:三平果歩ランペルティーザ

そして泥棒猫の片割れランペルティーザを演じたのは三平果歩さん。三平さんは、ディズニーミュージカル「リトルマーメイド」では主役のアリエルを演じています。三平果歩さんもキャッツは初出演です。

ジーニー(瀧山久志さん)だけでなくアリエルまで大阪にきてくれるなんて!この大盤振る舞いはどうしたん?と、思っていたら、三平果歩さんは大阪出身なんですね。なるほどご当地キャストか。大阪出身と知ってさらに親近感がわいてきました。

 

もうねぇもうねぇ。みんなが三平ランペーかわいいかわいい言ってるけど、いやワシもいうよ!ランペーちゃん はかわいすぎです!あんなに踊って、あんなにかわいく「ニャハハハ」って笑って、あんなに安定して歌えるなんてね。

私は、三平さんって勝手にジェリーロラムなのかなぁなんて思っていましたけど、ランペルティーザは大正解です。みんなに愛される猫ちゃんですね。仕草も何もかも全部かわいくてええよ!

 

三平果歩さんは「アラジン」ジャスミン役候補に入りました:

 

なんとジーニーが大阪に登場というサプライズ!:瀧山久志バストファージョーンズ/アスパラガス=グロールタイガー

(Twitter:@shiki_jp アラジン先行予約特別ニコ生より 左からジャスミン:三井莉穂、ジーニー:瀧山久志)

©Disney

 

バストファージョーンズ/アスパラガス=グロールタイガーを演じたのは瀧山久志さん。ディズニーミュージカル「アラジン」を大成功に導いた立役者、ジーニー役を務めるのがこの瀧山久志さんです。瀧山さんもキャッツ初登場となります。

今回の配役で一番嬉しかったのは、瀧山久志さんですね。まさかね!ジーニーが大阪に来てくれるなんて思っていなかったですからね。これはサプライズになりました。

 

「ワッハッハ!」と笑いながら登場するバストファージョーンズさんはまんまジーニーの笑い声でしたね。瀧山さんのこの笑い方がエエんです。

瀧山久志さんで特筆すべきはアスパラガスの役への入り込み方でしょう。カッと目を見開いて「ワシは誰にもだまされんぞ!」的な、誰をも寄せ付けないオーラがムンムンと出ていました。

 

例の最強オペラグラスで、瀧山ガスの表情をガン見していたんですけど、途中で怖くなって見るのやめようかと思ったぐらいです。主に目の演技ですね。しかし段々と鋭かった眼光に光がさしていくのを感じました。いやこれはすごいです。役者・瀧山久志が思うところの役者猫・ガスはコレなのでしょう。

面白かったのは、グロールタイガーのお腹をグリドルが2回引っ掻くようになっていて、その引っ掻きに合わせてグロタイも2回繰り返して歌うようになっていたことです。「センチメンタル・ジャーニー」のところですね。客席からも笑いが起きていました。

 

瀧山さんのキャッツ出演はそんなに長くはないのかな?という気もしています。本役のジーニーがありますもんね。

 

瀧山久志ジーニー役収録:劇団四季アラジンCD

関連記事:

 

豊かな歌声に胸アツ!:飯田洋輔オールドデュトロノミー

(Twitter:@shiki_jp 人間になりたがった猫キャスト 右:飯田洋輔)

 

長老猫のオールドデュトロノミーを演じたのは飯田洋輔さん。キャッツではかつて、グロールタイガーを演じていました。

グロタイの頃からエエ声でしたが、いやぁめっちゃエエ歌声のデュト様でしたよ。あの朗々とした豊かな歌声を聴けるだけでも胸が熱くなります。

 

そして今回大阪公演より、飯田洋輔さんは演出スーパーバイザー助手という肩書が付いています。そんな洋輔さんがデュト様を演じるなんて、カンパニー全体をまとめている感じがして尚良いと思いました。

 

飯田洋輔主演ミュージカル:壁抜け男DVD

関連記事:

 

もっともっと暴れてほしかった?!西尾健治ラム・タム・タガー

(Twitter:@shiki_jp アラジンキャスト 左からバブカック:白瀬英典、カシーム:西尾健治、オマール:斎藤洋一郎)

 

続いてはタガー役としては初登場となった西尾健治さんのラム・タム・タガーです。

ウエストエンドやブロードウェイでは、ヒップホップ(ラップ)バージョンへと進化しているタガーですが、四季のタガーは変わらずミック・ジャガーです。見た目にもチャラさ控えめで硬派な西尾健治さんにはピッタリの配役だと思いました。

 

タガーといえば、自ナンバーで行われる 女性客連れ去りがありますね。

これは、以前のように連れさったお客さんと手を繋いだりして一緒に踊るのではなく、横に並んで、タガーが踊って見せて、それをマネさせる。という方式になっていました。ちょっとむずかしそうなダンスでした(笑)

 

あの踊りのバリエーションはいくつかあるのでしょうかね。西尾さんでしたらカシームステップなんかをやってくれたらもっと盛り上がるのかもしれません。(そのうちやるかな?)

まだ2日目ということもあったのでしょうけど、タガーですから もっともっとメチャクチャに暴れてくれても良かったのかなと思いました。これからに期待です。

 

あ、ミストフェリーズナンバーでは、ミストと一緒にダンスするタガー…というウエストエンドバージョンに似たものになっていました。これは今回大阪公演から採用でしょうか。

ちなみにウエストエンドではミストフェリーズは踊る専門で、タガーが代わりに歌います。

(ミストフェリーズのナンバーは手品のバリエーションなど かなり変更になっていました)

 

まとめ:やっぱりキャッツはいいよ!関西の人は早めに見ておきましょう

いやー楽しかった!やっぱりキャッツはええな!キャストも豪華で満足でした。

キャッツというミュージカルは本当に好きです。見終わった後に「あーやっぱりワシキャッツ好きやわ」と、毎回実感します。

それにキャッツは特にストーリーがあるわけではないから、初心者の人でも気軽に楽しめるのがいいですね。私のような万年初心者にももちろん優しいです(笑)

 

さて、大阪キャッツはチケットの売れ行きはなかなか好調のようですよ。

キャッツ大阪はロングラン公演はするんでしょうけど、さすがにライオンキングのように3年も続くとは思えないので、うっかり見逃すとまた10年以上、キャッツは大阪では見られなくなるのかも。

ですから関西のお客さんは、早い内に劇団四季キャッツのチケットを予約して、見に行ったほうがいいですよ!

 

劇団四季 キャッツ 大阪公演 2016年7月17日の出演者 大阪四季劇場

グリザベラ 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン 奥平光紀
ジェニエニドッツ 花田菜美子
ランペルティーザ 三平果歩
ディミータ 多田毬奈
ボンバルリーナ 金 友美
シラバブ 黒柳安奈
タントミール 野田彩恵子
ジェミマ 円野つくし
ヴィクトリア 杉野早季
カッサンドラ 藤岡あや
オールドデュトロノミー 飯田洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ 瀧山久志
マンカストラップ 加藤 迪
ラム・タム・タガー 西尾健治
ミストフェリーズ 一色龍次郎
マンゴジェリー 斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス カイサータティク
コリコパット 押田 柊
ランパスキャット 政所和行
カーバケッティ 齊藤太一
ギルバート 玉井晴章
マキャヴィティ 文永 傑
タンブルブルータス 塚下兼吾

 

観劇当日のツイッターでの感想まとめはこちら:

劇団四季キャッツ関連記事:

 

劇団四季ミュージカルキャッツ

公演概要
劇団四季ミュージカルキャッツ 大阪公演

大阪四季劇場 上演中

スポンサーリンク

この記事を書いた人

禁断J(禁断先生)

「今週もやっぱり禁断症状」の管理人、観劇ブロガーの禁断です。禁断先生なんて呼ばれております。こんにちは。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。好きな言葉は「生命と時間は無駄に使うな」。今回こちらの「禁断劇場」を復活させ、読みものを中心に書いていくことにしました。引き続きよろしくお願いいたします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 
ツイッター
 メルマガ お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事がおもしろいと思ったらシェア!

禁断劇場イチオシ記事

スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代にあてる方法:ケース別おすすめ格安SIMまとめ 1
スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代にあてる方法:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年3月版】

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 みなさんはスマホを使っていますか?私は使っていますよ。スマホはもはや生活や仕事にも必需品とも言える大切なアイテムですよね。 でもスマホ代ってめちゃ …

三井住友VISAカードVpassチケット取扱ミュージカル公演まとめ【2017年4月版】宝塚/帝劇/四季/貸切/優待ほか 2
三井住友VISAカードVpassチケット取扱ミュージカル公演まとめ【2017年4月版】宝塚/帝劇/四季/貸切/優待ほか

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は三井住友VISAカードほかで利用できるVpass(ブイパス)チケットについて紹介します。 宝塚歌劇団や帝劇ミュージカルなど、通常ルートでは入 …

WOWOWでミュージカル番組をピックアップして見たいからまとめてほしかった 3
WOWOWミュージカル番組表・全リスト&オススメまとめ【2017年4月・5月版】

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、WOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました。 WOWOWは、ミュージカルを本気で放送してくれる唯一のテレビ放送局です。 …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 4
オススメ!ミュージカル観劇に便利なクレジットカード3選はコレだ!

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。   今回はタイトル通りですが、ミュージカル観劇に使えるクレジットカードの …

カジモドベアを買ってもらってよろこぶ女の子 5
劇団四季ノートルダムの鐘劇場限定グッズ カジモドベアなどネットでの販売を開始

劇団四季ノートルダムの鐘オリジナルグッズ「ボールチェーンカジモドベア」「カジモドベア」「omni7ロフトショップで発売開始しましたhttps://t.co/CyeGfJkWGshttps://t.co …

劇団四季ノートルダムの鐘CD 海宝直人カジモド収録バージョン2017年6月発売決定 6
劇団四季ノートルダムの鐘CD 海宝直人カジモド収録バージョン2017年6月発売決定

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘(東京公演:四季劇場[秋] 2017年6月25日千穐楽、京都公演:京都劇場 2017年7月23日開幕~9月28日千穐楽、横 …

JALマイルを貯めて劇団四季ギフトカードと特典交換する方法 7
リピーター必見!JALマイルを貯めて劇団四季ギフトカードと特典交換する方法

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、劇団四季をよく観劇するリピーターの人なら絶対知っておいてほしい、おトク情報を紹介します。   ・この記事をスマホからサクサク読め …

宝塚ミュージカル教室に通う女子 8
【宝塚ミュージカル教室】元タカラジェンヌの先生から直接習える初心者向けダンス教室が池袋にあるよ!

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は「宝塚ミュージカル教室」という、ダンス教室をご紹介しますね!   特に ・都内近郊在住20代30代女性の宝塚ファン ・ダンス未経験 …

-劇団四季, キャッツ, 観劇感想, 三平果歩
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 AllRights Reserved.