劇団四季などミュージカル観劇レポや情報を発信するブログ

劇団四季ノートルダムの鐘 感想と作品の魅力をアツくタップリ語る 日本初演4日目観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘 感想と作品の魅力をアツくタップリ語る 日本初演4日目観劇レポ

投稿日:2016-12-27 更新日:

みなさんこんにちは! 禁断 @J_kindan です。

劇団四季の新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』(東京公演:四季劇場[秋])を観劇しました。

今回は日本初演4日目の観劇感想・観劇レポをダダーッと書きますね。

 

 

・この記事を通常版で読む

 

劇団四季ノートルダムの鐘 日本初演4日目観劇感想:ノートルダムの鐘の感想と魅力をアツくタップリ語る!

今回の観劇レポはネタバレを多く含みます。

この先、劇団四季ノートルダムの鐘を一切の予備知識なく観劇したい人は、この記事は読まないでください

 

今回は結構細かいところまで、観劇感想と作品の魅力をアツく、タップリと書いていきますね

それでは、いきますよ!

 

 

1:フロローから離れられないカジモド:巧妙な「洗脳」と「DV」の仕組みと、演じ方について

いきなり重い話ですね(笑)

ノートルダムの鐘は、非常にシリアスなストーリーです。テーマも内容も重いです。

いわゆる「楽しいディズニー作品」だと思ってウキウキでクリスマス観劇に来たカップルが、終演後には軒並み撃沈して帰っていく…という話を聞きました。

まぁ、そうなってしまうでしょう。ノートルダムの鐘だもん(笑)

 

ノートルダムの鐘では、フロローカジモドの育ての親です。肉親であるのに「ご主人様」なんて呼ばせており、しっかりと主従関係ができています。

カジモドは、フロローになかなか酷い目にあわされてしまいますが、決してフロローのことが嫌いだったという訳ではなく、どちらかといえば物語の終盤近くまでは、「フロローのことを信じていた」ともいえます。

「僕が醜いから」「僕がこんなだから」と、カジモドが自分のハンチバックを責める台詞や歌詞が、よくでてきます。

この演じ方がね~。泣けるんですね。

海宝直人カジモドも、飯田達郎カジモドもです。なんてあわれなんでしょうか、ウウ。

 

フロローがカジモドを信頼させる洗脳のメカニズムを紐解いていくと、劇中、フロローはカジモドに体罰を与えるシーンがあります。

これはいわゆる巧妙なDV(ドメスティック・バイオレンス)の仕組みそのものであると言えます。

フロローはカジモドを急に叱りつけ、叩くなどして、痛みを与えます

隅まで追い詰めて、逃げられないように囲い込みます

カジモドは訳もわからずに、叱られたり叩かれたり腕を捻られたりするのですから、恐怖そのものです。

カジモドが「ごめんなさい」「わかりました」と言うまで、フロローは大声で叱りつけ、痛みを与え続けます。

さんざん叱ったり痛みを与えてからフロローは両手を左右に広げ、「抱きしめていいぞ」のポーズを取ります。そのポーズに反応してフロローを抱きしめるカジモド。

フロローは抱きしめてくるカジモドの頭をなでたり、背中を擦ったりするのです。

 

フロロー役、芝清道さんは、それは冷たい目つきでカジモドを静かに睨みつけます。何度ゾクッとさせられたことか。

そして「カジモドォー」と、追い込むような声を出すのが巧いのです。

 

いや、いいんですよ。いいんです。フロローなので。芝さんの睨み、好きです。声も

ちなみに、冒頭の「ジェアーーーン!!」も回数を重ねる毎にアツくなっていて、良かったです。

 

芝清道さん演じるフロローは「ああ、性根は悪い人がなまじ勉強が得意であったから、聖職者界隈で出世して権力持っちゃって、(女に狂って)さらに暴走したんだな」ということがよくわかりましたし、とても滲み出ていました。

なんか、元々嫌味な男といいましょうか。

 

ただ、野中万寿夫さんのフロロー(私は未観劇)になると、「めっちゃ真面目で優しい聖職者が、エスメラルダに断られた事がキッカケでプッツンする」…と、また全然アプローチが違うのだそうです。

おお、これもエエですね!こういう人もコワイです。野中さんのフロローも見たいなぁ。

 

これが、ダブルキャストの妙ですよね。ああ、本当にノートルダムの鐘は全キャストで見たいです。エスメラルダも。

海宝直人さん、飯田達郎さんでも全然違いましたからね、カジモド

 

しかしラストにはカジモドは、自らの手でフロローの洗脳を断ち切るのです。

 

2:芝清道フロローが公演を重ねる毎にパワーアップしていたことについて

その「ジェアーン!」の叫び方がアツいフロロー役、芝清道さんは、公演を重ねる毎にどんどんパワーアップしていきました。

フロローはバリトン・パートの為、通常では声が高い芝清道さんでは、部分的に声量が弱く感じてしまう点はどうしても否めませんでした。(フロローのヘル・ファイアー転調について解説

特に、フロローが思いっきり低音で歌う、カジモド、フィーバス、フロローの3重唱のところは、どうしてもパワー負けしてしまいます。

開幕してすぐは、フロローの歌詞が聴こえにくいとも感じました。

だけど公演を重ねる毎に、徐々にマイクの調整が加えられているようでした。というか、フロローはもっともっとボリューム上げたほうがいいと思う。

「え、あの芝さんの声量が弱い?ウソ」と思う人もいるかもしれませんが、それほどフロローの音域は低いのです。これは芝さんが悪いわけではなく、低い音はどうしようもないのです。※重低音をゴリゴリ出せる人は別

 

しかし、ヘル・ファイアー(地獄の炎)では、2コーラス目からの声の揺らし具合が半端なくパワーアップします。芝清道フロローの揺らしのテクニックは本当に凄いです

フロローの葛藤というのを表現しての揺らしなんでしょうけど、揺らしを強烈にすることで、声量面をカバーしているようにも感じました。

転調してからの熱量と音圧、そしてクワイア、アンサンブルが加わった大コーラスで、音数はドエライことになります!

ヘル・ファイアーはこのノートルダムの鐘一番のビッグ・ナンバーだと言ってしまっていいでしょう。

また今回観劇した日には、ヘル・ファイアーではないシーンの歌詞でも、部分的に「台詞風」にアレンジするなどの変化が見られました。これはわかりやすいし、台詞風にすることで強調されるからいいですね。

フロローは、エスメラルダに断られてプライドが傷つき激昂するシーンがあります。

なんてことを!」と言うのですが、この4日目が一番アツかったです。怒鳴りちらすような感じでした。

公演を重ねる毎にどんどんアツくなっていく、芝清道フロローはとても良かったです

 

3:アツいぞ!フィーバス隊長!清水大星!

私はノートルダムの鐘初日公演を見た時に、意外にも?ノートルダム大聖堂警備隊長・フィーバスに感情移入しました

これはもちろん、フィーバス演じる清水大星さんの熱演と、めっちゃエエ声の歌唱力に一気にひきこまれたという理由がありました。

いや、めっちゃカッコエエんですよ。彼…

あと、フィーバスのキャラが意外にもハマったです。ノートルダムの鐘は「人間ドラマ」で、登場人物は皆とても人間臭いところがあります。

フィーバスももちろんその一人ですが、フィーバスという男の「人としての弱さ・優しさ」に共感できたといいましょうか。

フィーバスはその前の任務(戦地)が長く、地獄のような思いを4年間も味わい、「もう二度とあんなところには戻りたくない」というトラウマを抱えています。それを断ち切ろうとして「息抜き」をして、あえてチャラ男を演じているということがわかります。

決して逃げたわけではない。でも多くの仲間が死んだ。俺はどうすればいい?という迷いや葛藤もあります。ノートルダムの鐘では「語り部」方式で話が進むので、補足説明が随時加わる分、登場人物の心情がとてもわかりやすいのです。

 

今まで清水大星さんって、私は確か「ジーザス・クライスト=スーパースター」の司祭でしか観劇したことがないんですけど、ぶっちゃけカヤパとアンナスと以外は、特徴なさすぎてわからないんですよね…

「リトルマーメイド」ではエリック王子を演じていた人とはいえ、その前はシェフ役でしょ?シェフやる人って、結構おちゃらけた感じのイケメンなのかしら?!と、勝手に想像していました。

(ちなみに、今回クロパン役の阿部よしつぐさんも、シェフ役をやってます)

ところが驚きの美声と、キャラハマりですよ・・・もう一気に、清水フィーバスに惚れ込んでしまったんです。

 

フィーバスの好きなシーンは色々あるのですが、私は特にココが好きです。

・「息抜き」でのチャラ⇒トラウマ⇒(トラウマを断ち切ろうとして)チャラの変化

・トラウマから息抜きに戻る直前の歌声が響きすぎて、めっちゃ好き(歌詞失念)

・「息抜き」でフロローがフィーバスに手を差し出す。「え、マジでこの人にキスせなあかんの?」と、躊躇する表情。でも、ちゃんと敬意をもってキスする。

・「息抜き」でフロローが「息抜きしている間はない」と歌ったあとに見せる渋い表情

・「タンバリンのリズム」でエスメラルダにタンバリンを返そうとしたが、エスメラルダが「まだよ」と言った感じでヒョイとかわした時の、「ああ、まだなんだ」と言った表情のフィーバス(ちょい半笑い)

・ノートルダム大聖堂の中で、エスメラルダに短剣を喉元に突きつけられた時の表情。「おい、待てよ・・・」

・娼婦宿の女将に「あらフィーバス隊長、またお目にかかれて嬉しいわ」と言われた時のシラーッとした表情(すなわち、以前に「息抜き」で宿屋にきたことがあるということ)

・カジモドと喧嘩するフィーバス(ここはムキになってフィーバスと競い合うカジモドも面白い)

・「奇跡もとめて」のキリッした、決意を堅めた表情(エスメラルダに付いていくと決めた後)

・「フィナーレ」でクロパンがフィーバスを助けに来た後、「ジャジャーン!」と鳴る音楽と共にハシゴからイキりだす表情

 

ちょっと多すぎましたね(笑)

ほんまに清水大星さんのフィーバス、めっちゃエエんで、ぜひ注目してください

 

4:岡村美南エスメラルダを見てアイーダを想像した

岡村美南さんが演じるエスメラルダは本当にめっちゃ良いです

ノートルダムの鐘初日レポにもその魅力はタップリ書きましたが、今回はさらに補足していきます。

ノートルダムの鐘を見た人はもうお気づきになったと思いますが、バスティーユの独房シーンにてフィーバスと二人きりになるエスメラルダは、まるで「アイーダ」のラダメスとアイーダのようです。

アイーダを知らない人に少し説明すると、同じようなシーンがあります。

そして岡村美南さんの歌声が今回は大変パワフルであり、ノートルダムの鐘では音域がバッチリハマっているのか、倍音がバリバリ発生して大変素晴らしい歌声を聴くことができます。

そのね、倍音の出し方や歌声なんですけど、かつてアイーダやエルファバを演じたあのビッグな俳優さんにソックリ…なんです。

うん、かなり似ているんです。4回観劇して4回ともそう思ったんだから、間違いないです。(もちろん私の感覚ですけどね)

「世界の頂上で(トップ・オブ・ザ・ワールド)」では、最後の「世界の、頂上、で~♪」と、エスメラルダ、カジモド、アンサンブルがガッツリ重唱します。

その中でも岡村美南さんの歌声が、ひときわ突き抜けてきます

どうやったら、あんな歌声が出るの?と感じるレベルです。

他シーンでも重唱になると、必ず岡村美南さんの歌声がズバーン!と突き抜けます。ノートルダムの鐘は他の俳優さんも歌ウマやから、そんな中でも際立つなんて、凄いことですよ。

それでいて、あのバスティーユでのシーン。

そこから続くあまりに壮絶な演技

死刑を宣告されるシーンでは岡村美南エスメラルダの表情はもう見ていられないほど、悲痛を通り越した、泣き叫ぶ…いや、泣きわめくような表情をします。

人間って、縛られて身動きがとれない状態にされて焼き殺されるときにはあんな風に、狂ったように泣き叫ぶんだろうな…って思う。とても辛く、見ていられないシーンです。リアルすぎる。

その前にね、一瞬フロローが火付けの手を止めよるんですわ。

岡村エスメラルダは涙を流しながら「え?助けてくれるの?」と、ちょっと希望を取り戻す(でも信用はしていない)絶妙な顔になるんですけど、芝フロローは、冷酷冷徹に火をつけるんです。そこからの岡村エスメの表情が見ていられない。

もう、芝風呂の鬼!悪魔!

ああツラ。

 

で、思ったのは「アイーダ」が再演することがあれば、是非ともアイーダを演じてほしいなと思ったのです。

いや、絶対いけますよ、岡村美南アイーダ!バリバリ歌うし、演技もエエし!

あ…エルサ女王も…?!

キャスト発表!ブロードウェイミュージカルアナ雪2017年8月試演開始 本公演開幕日・劇場・チケットは?

この記事は2016年10月3日に初稿、後に再編し再公開しました。 【更新情報】 プリンシパルキャスト(アナ、エルサ、クリ …

続きを見る

 

5:副官のフレデリックがアツい!

男性アンサンブル1枠が演じる、フィーバスの部下であり親友の副官(副キャプテン)、フレデリックがめっちゃエエ味を出しています。

今回フレデリックを演じたのは、鈴本務さん。彼がね、アツいし、またエエ歌声で歌うんですわ!

フレデリックの何がアツいかって、「フィーバスとは親友であることを決して忘れない」ことなんですね。彼らは固い友情で結ばれています。

奇跡御殿に突撃したフロローと警備隊。フィーバスは隊長を解任され「裏切り者」として追われる身であり、この時はフレデリックが隊長となっていますが、他の警備兵はジプシーに剣を向けているのに対し、フレデリックだけはフィーバスには剣をむけず、手のひらを前に出して「動かないで」と言ったポーズを取っています。

めっちゃアツくないですか?!コレ。

そして、例のバスティーユでは、鬼悪魔オッサンのフロローがエスメラルダを自分の女にする手段のひとつとして「フィーバスの命」を条件にしてくるんです。このゲス野郎が!

で、やはりフレデリックがそこでもやってくれるんですけど、一旦は「時間です」と、フィーバスを独房に戻そうとやってきます。

でもフィーバスはまだエスメラルダとお別れを言っていないので、なんとか延長してもらおうと頼み込みます。

フレデリックは囚人のフィーバスを「隊長」と呼び、「明け方、またきます」と、二人きりにしてくれるんです・・・

あ、アツい!!フレデリックめっちゃエエやつやん!!

 

今回フレデリックを演じた鈴本務さんがね、またイケメンなんですわ。

「禁断先生!あの副官の人ってアンサンブルのどなたが演じてるんですか?!」って、何人に聞かれたことか・・・。いや、そりゃ気になるでしょう!

ゆくゆくはカジモドを演じるのかしら?!彼のカジも見たいわ!

 

6:トプシー・ターヴィーの逆立ちが失敗したときには?

トプシー・ターヴィーは、別名「逆さま祭り」とも言われています。

ジプシーや会衆がダンスをするのですが、その名の通り、男性アンサンブル3枠(今回は大空卓鵬さん)が逆立ちをするのです。

今回は逆立ちができず、前に倒れてしまったのですが…

その時には「ああ、失敗しちゃったー」とばかりに、頭を手で抱え込むポーズを取っていました。

失敗した時にはそうするんですね。

 

7:ジプシーの巧みなスリ・コンビネーション

ジプシー親分はクロパン(阿部よしつぐさん)です。

そして、ジプシー仲間を演じるのは主に、男性アンサンブル3枠、4枠。そして女性アンサンブル2枠です。

この人達は「道化の祭り」の最中に、次々と財布をスッていきます。

中でも面白いのは、「スリの疑いで逮捕された」ジプシー(3枠)をフレデリック(1枠)が連行します。

その後で祭りの最中に、3枠の人が1枠の人の財布をコッソリ盗むシーンがあります。

同じ人が演じるだけで「別役」ですが、さっき逮捕された人が連行した人から財布を盗むなんてあまりにシュールで、これに気づいた時には思わず笑ってしまいました。

スった財布は、ジプシー仲間達の手でバケツリレーのように運ばれていきます。そのコンビネーションが巧みです。

他にも、ジプシーが財布をスるシーンがあるので、注目して見ておいてくださいね。

 

8:カジモドを見守るジェアンとフロリカ

「フィナーレ」のクライマックスシーン。

怒髪天のカジモドがフロローを○○そうとするシーンのこと。

フロローがカジモドに繰り返し唱えていた座右の銘、「悪人は罰を受ける、邪悪な心は災い」というフレーズを、とある人達が唱えてくるのです。

それは、カジモドの父ジェアン(男性アンサンブル7枠)と、母フロリカ(女性1枠)です。

その声が後押しとなり、カジモドはとある行動にでます。

 

そしてラストシーンでは、ジェアンとフロリカは下手側の櫓から、ふたり揃ってカジモドを優しく見つめています…

 

これ…知らなかったんですけど…

後から教えて頂いた時には号泣しました!!

(座右の銘を唱えて背中を押す、櫓から優しく見つめる、カジモドの両親)

 

いや、ジェアンが櫓に居てるな~ってのは、なんとなく見えていましたけど…

ここはね、もう涙が溢れて大変なシーンなのと、カジモドが「とあること」をしていることもあって、そっちを中心に見ていたこともあって、私はちゃんと確認できていなかったのですが、

まさか・・・カジモドの両親が揃って、カジモドのことを見守ってくれていたなんて!

 

あかん、もうこの文章書きながら、めっちゃ泣いてます。ウゥ。

 

劇団四季ノートルダムの鐘を3階バルコニーから観劇:音楽をタップリ聴きたい人向けの極上シート

 

さて今回は、バルコニー席(3階)で観劇しました。

このバルコニー席は、劇団四季の専用劇場の中では、JR東日本アートセンター四季劇場[春](ライオンキング)と、隣接する四季劇場[秋](現在はノートルダムの鐘を上演)の2館しか、この席種設定はありません。

 

ちなみにバルコニーの3列目は「当日立見席」です。秋劇場は14席しかありませんが、ノートルダムの鐘は当面の間完売が続いていますが、立見席であればチャンスがありますから、どうしてもすぐに見たい人は諦めずに当日券をもぎ取ってくださいね

※立見は発売しない日もあるので必ず劇団四季の当日券情報を確認してください。

 

現状はかなり厳しいですが、四季の会会員なら前日予約も使えます。ノートルダムの鐘なら、センター6~7列(実質3~4列目)あたりが一番席として出てきています。一番席は2席のみで以降は後ろに下がっていきます。

当然のように激戦ではありますが、頑張ってプラチナチケットを手にいれちゃいましょう。

いくらノートルダムの鐘のチケットがないからと言って、間違っても、クソチケットキャンプなどから購入はしないようにしてくださいね。

 

話が逸れました。

以前から別の作品でも何度か座ったことがあるこのバルコニー席ですが、ここは音が真上に飛んで来るので、贅沢に音楽を楽しみたい(音を浴びたい)人にはもってこいの座席なのです。音楽面では極上シートとも言えるでしょう。

ノートルダムの鐘は素晴らしい音楽と、歌唱力が優れたキャストが揃っていますので、「うん、ノートルダムの鐘はバルコニーから絶対に1回は見ておきたい(聴いておきたい)」と思っていたので、先行予約の時点であえて狙って取りました。

その狙い通り、音楽と歌声は上方向にグングンあがってきまして、贅沢な調べをタップリと堪能することができました。良かったですよ。

 

ただ、前日は2階センター最前列に座ったのですが、ソコもなかなか好みな音響でした。

言ってしまえば、音響的には2階前列はバルコニーとの大差はなかったようにも思います。3階のようにブワァーっと上に上がってくる音を浴びる感覚ではなく、ダイレクトに感じられる分、2階前方の方がバランス的にはいいかもしれません。

ただ、2階の場合は構造上、1階と3階に挟まれているためどうしても奥(後方列)へ行くと音が入ってきづらくなります。音楽の聴こえ方に(もちろん見え方にも)こだわる人であれば、後方列ではなく、2階の前方列に着席すれば良いです。

以前Twitterで「2階前方がオススメ!」と書いたことがあって、「禁断先生のオススメ通り2階のC席を予約しました!」というリプライがきたことがありましたが、ごめんなさい。C席は前方ではありません

2階の前方列は、S席かA席になります。

 

話をバルコニー席に戻すと、姿勢がツライというデメリットがあります。

バルコニー席は前傾姿勢で肘掛けに持たれるような特殊な姿勢をとるため、2時間35分もの大作「ノートルダムの鐘」は、私はやや疲れてしまいました。こればかりはどうしようもありませんね。

姿勢だけでなく、3日も連続でヘヴィーなノートルダムの鐘を見たのですから、そりゃ疲れますわってなことで(笑)

あと、年齢的なところも…ね。アハハ。

若くて元気な人なら、バルコニーでも問題はないでしょう。

※通常の座席では「前傾姿勢」で観劇することはマナー違反となるので注意。あくまでもバルコニー席だけの特例です。というか、前傾姿勢にならないと見えません。

 

ちなみにバルコニーからの見え方ですが、私の着席位置(3階1列センター)ではクワイアとステンドグラスが見えないぐらいで、他は全く支障はありませんでした。景色は良かったです。

ただ総合で判断すれば、劇団四季ノートルダムの鐘(東京公演の四季劇場[秋])は、3日目観劇レポでも書いた通り2階前方列が最高の着席位置であることは間違いないでしょう。

 

京都劇場になるとまた事情は変わりますので、注意してくださいね。

 

まとめ:早くも強烈なノートルダムの鐘ロス!早くもう一度鐘をつきたくてたまらない!ハマる人にはガッツリハマる中毒性の高い作品

今回はこのぐらいにしておきますね。

あ、また1万文字オーバー…ヤバ。

 

さて、初日から公演4日目までガッツリ見てきた劇団四季ノートルダムの鐘の感想は、一旦幕を下ろします。

ダブル・オープニング・キャストの海宝直人さん、飯田達郎さんの素晴らしいカジモドをふたりとも観劇できたこと。

そして、素晴らしいオープニングキャストのプリンシパル、アンサンブル、そしてクワイアのみなさんを観劇できたこと。

荘厳な作品と圧倒的な音楽・歌声を堪能できたこと。たっぷり泣いたこと。

とてもとても感激・感動しました!素晴らしい舞台を観ることができて、本当に幸せでした。ありがとうございました!

 

で、実は私、翌週(手持ちチケなし)に、2回前予アタックして2回とも撃沈しています(笑)

いや…、宮田愛エスメラルダに野中万寿夫フロローが出てきたんですもん。そりゃー見に行きたくなりますよ。まぁ、結果は見られなかったんですけどね。

だってふたりとも、めちゃくちゃ評判いいんですもん!そりゃー日帰りでもなんでもして見に行きたくなりますよね!

 

今本当にノートルダムの鐘ロスが激しいです。もう早くノートルダムの鐘を観劇したくて、鐘をつきたくてたまらないです!

うう…これガマンできますかね…

一応年明け早々のチケットは持っていますけど…ぐぬぬ。

 

Twitterの感想を見ていると「もう一度見たい」「また鐘つきたい」「手持ちじゃ足りない」「チケットふってこい」などの声をよく見かけます。

やっぱり皆さん、一度ノートルダムの鐘を見たらそんな風になってしまいますよね。

私も「禁断症状」的に、後先考えず前予アタックするなんて、こんな感覚は本当に久しぶりです。「完落ち」です。いや、こうなることはわかっていましたけどね。

ああ、これ東京に住んでたらヤバかったパターンですわ。当日立見券の行列に並んだクチやと思います(笑)

 

皆さんも、劇団四季のノートルダムの鐘は本当にオススメしますので、できるだけ早くこの作品を体感してくださいね。

それでは今回はここまでです。バイバイ!

 

観劇当日のTwitterつぶやきはこちら

劇団四季ノートルダムの鐘あらすじ(ネタバレ注意):

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』あらすじ完全版 ネタバレあり

この記事は2016年3月22日に初出しましたが、内容を劇団四季版に書き直し、再公開しました。   みなさんこん …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘観劇感想

劇団四季ノートルダムの鐘感想 海宝直人カジモドのロングハイトーンに痺れた 日本初演2日目観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/0eF5o25hVs — 禁 …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 飯田達郎カジモドの美声に酔いしれた 日本初演3日目観劇レポ

今日はタツロー。 #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/Zgm6v1fw8i — 禁断先生 (@J_kin …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘 感想と作品の魅力をアツくタップリ語る 日本初演4日目観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘 本日のキャスト #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/36blmNoFR4 — …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 野中万寿夫フロローの静かな狂気に恐怖し優しさに涙した観劇レポ

  ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘 禁断J (禁断先生)さん(@kindan_jurun)が投稿した …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 従順な田中彰孝カジモドと強い宮田愛エスメラルダに泣いた観劇レポ

  劇団四季ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘 禁断J (禁断先生)さん(@kindan_jurun)が …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 サムデイで佐久間仁フィーバスの涙にもらい泣きした

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘を観劇してきましたので、今回は感想・レポを …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 飯田達郎カジモドがかわいくて仕方なかった

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘(四季劇場[秋])を観劇してきました。 今 …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘 2016年12月16日 キャスト

カジモド 海宝直人
クロード・フロロー 芝 清道
エスメラルダ 岡村美南
フィーバス 清水大星
クロパン 阿部よしつぐ

【男性アンサンブル】
フレデリック(副キャプテン) 鈴本 務
ルイ11世 安部三博
大空卓鵬
賀山祐介
聖アフロディージアス 高舛裕一
デュパン神父 平良交一
ジェアン・フロロー 佐藤圭一
吉田功太郎

【女性アンサンブル】
フロリカ 小川晃世
大森真理
吉田絢香
宿屋の女将 原田真理

【男性クワイヤ(聖歌隊)】
白山博基  
坂下良太 
山下泰明 
奥田直樹 
佐々木 純 
澤村楽人 
井上隆司 
飯村泰志

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
片山美唯 
山本詠美子 
土居愛実 
小林未奈子 
町島智子 
河村古都
秋山知子
吉田瑛美

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』公演情報

劇団四季ノートルダムの鐘

東京公演:四季劇場[秋] 2016年12月11日開幕~2017年6月25日千穐楽
京都公演:京都劇場 2017年7月23日開幕~9月28日千穐楽
横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2018年4月開幕

演出:スコット・シュワルツ
脚本:ピーター・パーネル
音楽:アラン・メンケン
作詞:スティーブン・シュワルツ
日本語台本・訳詞:高橋知伽江
演出スーパーバイザー:味方隆司、北澤裕輔
音楽監督:鎮守めぐみ

劇団四季限定豪華版 ノートルダムの鐘CD(omni7ロフトショップ) 

 劇団四季ノートルダムの鐘限定グッズを見る

ノートルダムの鐘(チケットぴあ)

  • B!

禁断劇場イチオシ記事

1

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 みなさんはスマホを使っていますか?私は使っていますよ。スマホはもは …

2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、劇団四季をよく観劇する人なら絶対知っておいてほしい、おトク …

3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はWOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました …

4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。今回はVpass(ブイパス)チケットについて紹介します。 宝塚歌劇団 …

5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は「宝塚ミュージカル教室」という、ダンス教室をご紹介しますね! …

6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今 …