劇団四季オペラ座の怪人感想 更に演出変更した点を詳細解説。村俊英ファントムの美声と色気にノックアウトされた観劇レポ

劇団四季オペラ座の怪人感想 更に演出変更した点を詳細解説。村俊英ファントムの美声と色気にノックアウトされた観劇レポ

オペラ座の怪人 劇団四季 観劇感想

劇団四季オペラ座の怪人感想 更に演出変更した点を詳細解説。村俊英ファントムの美声と色気にノックアウトされた観劇レポ

投稿日:2017-06-28 更新日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

劇団四季オペラ座の怪人横浜公演(KAAT神奈川芸術劇場<ホール>)を観劇してきました。

今回はオペラ座の怪人の観劇感想・観劇レポを書いていきます。

 

スポンサーリンク

この記事の詳細を知るために目次を開く⇒

劇団四季オペラ座の怪人は更に演出変更実施!アツい演出変更について詳細解説。村俊英ファントム&苫田亜沙子クリスティーヌ感想

劇団四季オペラ座の怪人は2017年3月横浜公演開幕より、演技や演出や音楽などの面で大幅に変更を施しました

その時の詳細解説はこちら:

劇団四季オペラ座の怪人感想 2017横浜公演からの演出変更点について解説
劇団四季オペラ座の怪人感想 2017横浜公演からの演出変更点について解説

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季オペラ座の怪人2017横浜公演(KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2017年3月25日開幕~8月13日千穐楽)の開幕2日目を観劇してきまし …

続きを見る

その後2017年5月にもオペラ座の怪人を観劇した時には、キャストは変わっていましたがこの3月時点の演出と同じでした。

ところが2017年6月より更に演出に変更が加わったとTwitterに情報があがりました。

それもちょっとやそっとではなくかなり大幅な変更がありそうでした。あげてくださったレポを読んでいると内容はかなり私好みな、アツい感じになっていそうでしたので、今回急遽見に行くことにしました!

ですので今回は、更に演出変更が加わった劇団四季オペラ座の怪人最新版の解説

そして3年ぶりの出演となったベテラン怪人村俊英さんと、ベテランクリスティーヌの苫田亜沙子さんについての感想を主に書いていきます。

いやもうね…大変なことになってましたよ!!

 

劇団四季オペラ座の怪人2017年6月以降の演出変更について解説

観劇時の演出変更まとめです。今後更に変更になる可能性があります。ご了承ください。

 

オークションシーンの変更:ラウルの反応に変化

オークションシーンでは全体的に進行が早めになった印象。次々出品される品物。

ハンニバルのポスターは以前だと丁寧にクルクルまるめて収めていたものを、今回の変更では半分に折るようにして持ち帰ります。これはロンドンのやり方と同じ。

大きく変わったのは猿のオルゴール(サルゴール)出品時のラウルの反応です。

サルゴールと気付いたラウルは車椅子の背後にいるお付きの女性の手をグッと掴んだ後ポンポンと合図を送ります。すると女性は車椅子を押して舞台前方にググッと出てきます。ラウルはサルゴールを凝視しています。

落札後、サルゴールを片付けようとするボーイを呼ぶラウル。ラウルは「オルゴールこれだ♪」と歌った後クリスティーヌを思い出したのか具合が悪くなったのか、目をつぶり「もういい、もういい」という感じで手を振ります

(これまでは、そんなに前まで出てこないし、歌った後も具合は悪くはならない。ただ呆然とする感じ)

ロンドン版ではラウルは急に機嫌が悪くなり(?)「あっちいけ」とばかりに手でボーイと大事なはずのサルゴールをグイッと押すんですけど、四季版では具合が悪くなる感じになりました。

 

ハンニバルリハーサルシーンの変更:復活した象

ハンニバルのリハーサル

最初から出てくるクリスティーヌは従来の劇団四季版そのまま。クリとメグだけなぜかフォーメーションから外れてしまい「やだまちがえちゃった」レイエに睨まれて「ごめんなさいハンニバルをおおおー!」という所も同じ。

ローマローム問題でリハ中断。すると以前はブケーのハシゴに隠れてソロリソロリと移動していたクリメグは、今回は中断とともにササッと移動するように変更。ブケーはその後ろを進む感じに。

クリメグがバレエダンサーのフォーメーションにつこうとするとマダムが睨んで待っている。マダムに気付いてハッとし視線を落とすメグはそのままクリの方に振り向きテヘペロ。かわいい。

以前はキッとしたままで気難しそうだったカルロッタは、今回からカルロッタの衣装のお直しをする女性と談笑をするように変更。カルロッタ大物感アップ

「かえりこしから」でリハ再開。これまでのバレエダンサーは大げさに手をついて床を叩く音が響いていたが、今回からそっと手を置くようになった。

ファントムの気配を感じ急にボンヤリし始めるクリスティーヌ。今回からマダムは一歩前に出て踊れていないクリスティーヌを見ている。2回目のミスで「集中しなさい」と注意。(以前は注意するまで立ち位置を動くことはなかった)

ハンニバルの象の裏を見せる(裏方がトランプ遊びに興じている)のは、復活。

ルフェーブルが話をしようと「みなさん、みなさん!」と言うが皆は各々で大声で話しこんでいて全く聞いていない。ルフェーブルは「マダム・ジリー」。マダムが杖ドンしてやっと静かになる。ルフェーブルは「ありがとう」。これはロンドン版と同じ。(これまでは杖ドンなしでもルフェーブルの話を聞いていた)

カルロッタのスィンク・オブ・ミー直前。「2小節で充分」と言うフィルマンは懐中時計をチラチラと見る。時間がなさそうな感じ。(以前は懐中時計は見なかった)

カルロッタは芸術に理解があるアンドレを気に入り、歌の最中にスカーフをアンドレの肩口にかけたりしてサービスする。これはロンドン仕様。(かなり前の四季版では、カルロッタがアンドレに目配せする。アンドレは光栄とばかりに胸に手をあてるなどのコンタクトはあった)

ルフェーブルに怒鳴り散らされたブケーはこれまでの堂々とした感じではなく、何かに怯えているような表情に変更。

怒って帰ったカルロッタ。「カルロッタは戻ってきて歌ってくれますよね?」と疑問形だったアンドレの台詞は、「歌ってくれますよ」と皆を安心させるような希望感に変更。

メグがでしゃばって「クリスティーヌ・ダーエなら」と支配人に代役を進言。クリスティーヌはメグに「もう、メグ!」と怒る。(これまではボーッとして首をふるだけ)

クリスティーヌが歌い出す準備をしている間、フィルマンは葉巻を取り出し一服しようとするがアンドレに止められる。しぶしぶ葉巻をポケットにしまうフィルマン。(もちろんこれまでは葉巻は出てこず。ちなみにロンドン版フィルマンは携帯ウイスキーボトルを取り出し、もちろんアンドレに注意される)

クリスティーヌは緊張のあまり声が震えオドオドし今にも泣きそうな表情。まったく歌えずに逃げ出そうとするが、マダム杖ドンの喝。ハッとするクリスティーヌ。(これまでの「クリに駆けつけるメグ」はなし。逆にクリスティーヌがメグの方に逃げ出そうとする)

徐々に調子を取り戻し歌えるようになるクリスティーヌ。フィルマン「これで大丈夫か?」アンドレ「様子を見てみよう」と、台詞も変更に。(これまでは「なかなかいけるじゃないかこの子は」「いざとなったらこの子でいこう」)

 

スィンク・オブ・ミー:ラウルの反応に変化

ボックス席のラウル。

オペラ歌手はクリスティーヌだと気づくと隣のフィルマン夫人に「あの子知ってる!クリスティーヌです!」という感じで嬉しそうに話す。「あらまぁ」と応答するフィルマン夫人。

「ブラヴァ!」の後、ボックス席から乗り出すようにして愛おしそうにずっとクリスティーヌを見ている。目は完全にハートマーク。

今回の変更ではラウルのクリスティーヌ好き好き度がアップしています。

 

エンジェル・オブ・ミュージック(クリスティーヌの楽屋)

クリメグデュエット。クリスティーヌは最初は嬉しそうに笑っているのに徐々に表情がこわばっていく。メグは心配し「手が冷たい」でクリスティーヌの手をさする。「震えてるわ」で肩をさするように。メグのクリ心配度がアップ

クリスティーヌに預かった手紙を渡すマダム。手紙を読み上げるクリスティーヌ。マダムは立ち聞きするように変更。これはロンドン版と同じでなかなか不気味。マダム怪人の手下感が増す

ラウルの手紙の文末に「かわいいロッテ」が加わる。

ゲラゲラ笑いながらクリ楽屋に向かってくるアンドレ、フィルマン、フィルマン夫人とラウル。これまではフィルマンが「こちらです子爵様」と言ったあとすぐにシャンパンを奪い取り「みなさん!」と言っていたラウル。

今回から「こちらです」の後少し考えてから「みなさん」に変更。支配人たちと別れる直前にシャンパンを受け取り「ありがとう」に。突発感がアップ。

フィルマンの台詞「どうやら幼なじみらしいな」は「知り合いらしいな」に変更。

楽屋に訪問したラウルをようやく思い出したクリスティーヌ。思わずハグするもヴァイオリンの音が聴こえてくると恥ずかしそうにしてラウルから離れるクリスティーヌ。(以前はハッとした表情のまま)

クリスティーヌの台詞「もう子どもの頃のあたしたちじゃないのよ」は、扉を閉めてすぐに言うように変更。

 

ミュージック・オブ・ザ・ナイト:性的な表現が全面的に

ミュージック・オブ・ザ・ナイトではこれまで劇団四季版では超フィルター(四季コード?)をかけて抑えていた性的な表現を、今回から全面的にだすように変更されています。

ファントムは今すぐにでもクリスティーヌを押し倒したい気持ちをグッとこらえている。(ビビりも入る)かなり「男」を強くだすような表現に。

クリスティーヌは色々と覚悟を決めている。キスだってされてもいい感じに。されないけど。ファントムの歌声には敏感に反応し、エクスタシーを憶えるクリスティーヌ。

目をつぶりながら、感じる、クリスティーヌ。

この性的な変更についてこれ以上は書くのをやめておきます。ぜひ劇場で。

クリス人形を披露したファントム。これまでのクリスティーヌは人形を触ろうとして?手を伸ばしていたが、今回から手をのばさずに。

ミュージック・オブ・ザ・ナイトラストでは、これまでクリスティーヌの寝顔を見ながらロングトーンだったファントムは、立ち上がり手を闇の方向へ差し伸べるようにしてロングトーンに。これは今回から復活。

 

アンマスク:ファントムの怒りと哀しみ

アンマスクシーン。

作曲中ファントムオルガンは、今回からオーケストラのシンセサイザーが生演奏するように変更。大音量で狂ったようにかき鳴らすファントム。(ロンドンと同じ仕様)

その音圧に反応して動き出すサルゴール。クリスティーヌはファントムの狂ったオルガンが目覚ましとなり、ヌクーと起き上がる。

マスクを取られたファントムは怒り増量。「これが見たいのか!」で顔を隠していた手を離し、クリスティーヌに醜い部分を見せつける。(今回から)

以前は「オー、クリスティーヌ」で手を離した時にクリスティーヌはファントムの素顔を見てしまい驚いていたが、今回は先に見せつけるのでその表現はカット。

ファントムは哀しそうに、クリスティーヌも哀しそうにしている。仮面を返すクリスティーヌ。

ファントムをじっと見つめたまま動かないクリスティーヌの顔に顔を近づけるファントム。キスしそうになるが、せず。

 

ブケーの怪談話

マダム「悪ふざけだわー♪」の歌がゆっくり目に変更。

 

支配人のオフィス~プリマ・ドンナ

全体的に音楽のテンポがゆっくり目に変更。これまでの四季版はめちゃくちゃ速かったので、良い感じになりました。

プリマ・ドンナでは回転する椅子に座っているカルロッタが、観客に向かって投げキスや手を振る感じに。

プリマ・ドンナラストの緞帳がしまるタイミングが変更に。即鳴りだすイル・ムートの前奏。(これまでは間が空いたため幕間と勘違いして席を立つ人がいた)

 

イル・ムート

セラフィーモ演じるクリスティーヌの足ぴょこぴょこが復活。

外国のオペラ(イル・ムート)でも楽しそうに鑑賞するアンドレと、反対に退屈そうなフィルマンの演技が復活。(随分前はやっていた)

 

屋上~オール・アイ・アスク・オブ・ユー

「クリスティーヌ、僕と一緒にくるんだ」「上へ行きましょう屋上へ」は、屋上シーンに切り替わる直前に入るように変更。

ファントムに怯えて半狂乱のクリスティーヌ。ファントムの歌声を思い出し目が潤ませ顔を赤らめポーッとしはじめるクリスティーヌ。(これまでは催眠術にかかったようにフラフラしていた)

ラウルのクリスティーヌへのスキンシップ度が爆裂アップ。よしよし、抱きしめ、ほっぺさわさわなど。

だけどラウルも少し怖がってる感じ。ふたりで一緒にこの苦難を乗り越えよう(ついでに付き合おう!)という感じに。

キスの回数が増える。フレンチ、長いディープ、またフレンチ。

「馬車を呼んで(結婚OK!)」「僕も一緒に」「私を導いて」では仲良さそうに肩を抱いて退場するラウルとクリ。

当然ファントムは激おこ。

支配人のオフィス(2幕)

1幕同様、これまで超駆け足だった音楽はゆっくり目に変更に。

クリスティーヌ「やめてちょうだい!」の後しばらく間があいてから、皆が揉めるのをやめるように変更。

クリスティーヌの怯え度合いがアップ。「地獄の歌声が聞こえる」で後ろに倒れそうになるクリスティーヌ。抱きかかえるラウル。

 

ドン・ファンのリハーサル(歌稽古)

「そうでしょうか?シニョーラ!」と、ファントムをバカにするカルロッタに注意するマダム。クリスティーヌは怯えたようにマダムの方を見るように変更。(以前は客席の方を向いていた)

 

墓場にて

父の墓に訪れたクリスティーヌは、形見の赤いスカーフを手に握りしめてやってくる

「パパに、あいたい」でスカーフを見つめる。その後も暫くスカーフを握ったままのクリスティーヌ。(以前はスカーフを握らなかった)

 

ポイント・オブ・ノー・リターン

このナンバーでもテンポはゆっくり目に。ファントムパートの途中から少し速くなるが、またゆっくりになる。メリハリのあるオーケストラ構成に。

ドンファン(ファントム)はアミンタ(クリスティーヌ)をベンチに座らせ、背後にまわる。そして頭を撫でたり肩にさわったり、色々する。

クリスティーヌがドンファンの正体がファントムだと気付くタイミングが変更。これまでよりもわかりやすくなっている。

 

怪人の隠れ家

クリスティーヌの腕をひっぱるファントムはクリスティーヌを乱暴に扱い、クリスティーヌは地面に倒れ込む。倒れたまま「これがあなたののぞんだことね!そおーー!♪」

ブーケを渡そうとするクリスティーヌは受け取らず、ファントムは強制的に握らせる。

ラウルがやってくると「お待ちしてたぞ」で、手をクルクルまわすようにしてお辞儀をするファントム。

縄攻撃炸裂!ラウルの回転は今回からなしに。

「憎しみに変わる!」で、めちゃくちゃ怒ったクリスティーヌはウェディングベールをファントムの方に投げつける。

ファントムは「なんてことを!」といった表情で狼狽し、ウェディングベールに気を取られる。

ラウルの元へ駆け寄るクリスティーヌ。ファントムが近づくと両手を広げてダメッ!睨み合うファントムとクリスティーヌ。クリスティーヌはジワジワとファントムに詰め寄り、根負けしたファントムは視線を外して椅子の方へ。(これまではファントムがクリスティーヌに詰め寄っていた)

以前やっていたクリスティーヌの「お願いポーズ」は、今回からなしに。

クリスティーヌは「絶望に生きた哀れなあなた」で、母のような優しい表情になる。

クリスティーヌはファントムにキスをし、ファントムを選んだ。なのに「出て行け」と言い出すファントム。クリスティーヌは意味がわからないといった様子で動こうとしない。ラウルに何回腕を引っ張られても動かないクリスティーヌ。

ファントムの「行け!」でクリスティーヌは「どうして?!」と泣き顔のまま、ラウルに無理やり引っ張られて立ち去る。

サルゴールがマスカレードの音色を奏でている。ファントムはサルゴールの背後にまわってしゃがみこみ、猿の顔半分を手で隠してファントムマスクに見立て、「マスカレード…」と哀れに歌う

クリスティーヌが戻ってくる。ファントムに指輪を返すクリスティーヌ。

ファントムはクリスティーヌの手をギュッと握りしめ、「クリスティーヌ、アイラブユー」。クリスティーヌはいたたまれない気持ちなのか、泣き顔で走り去る。

クリスティーヌが投げたウェディングベールを大事そうに抱えるファントム。「わが愛は終わりぬ!」では舞台に背を向けたまま、「夜の調べとともに!」のロングトーンで客席に向くように変更。

(幕)

 

スポンサーリンク

村俊英ファントム、苫田亜沙子クリスティーヌ感想

3年ぶり出演でも美声ファントム健在!村俊英怪人の色気にノックアウトされた

オペラ座の怪人では久々の出演となったファントム役は村俊英さん

ディズニー映画「ノートルダムの鐘」フロロー、「ジーザス・クライスト=スーパースター」ピラト、「アスペクツ オブ ラブ」ジョージ、「サウンド・オブ・ミュージック」トラップ大佐、「ライオンキング」スカー、「リトルマーメイド」トリトン、「キャッツ」グロールタイガーなどなど…

劇団四季ミュージカルには欠かせない、数々の主要な役どころを務めるベテラン俳優です。

村俊英さんはファントムとしての出演は約3年ぶり。私自身は約5年半ぶりの村ファントム観劇となりました。更に村俊英ファントム×苫田亜沙子クリスティーヌの組み合わせは、個人的に9年ぶりでしたよ、どんだけ。

パワーアップした横浜公演で「更に演出変更」直後の出演ということで、大変楽しみにしていました。はい村ファントム、私好きなんです。

いやぁ、大阪公演の5ヶ月連続登板の時のあのアツさを知っているのでね…ホンマに凄かったんです。

村ファントムは滅多に出てこない、いわば劇団四季版オペラ座の怪人のスタンバイファントムとも言える存在。今回もどうやら佐野正幸怪人、高井治怪人のピンチヒッターとして出演した模様でした。そうです。困った時には村さんが出てくるのです!

極上の横浜オペラ座の怪人で、村ファントムの美声をタップリと浴びることができましたよ。めっちゃ良かったです。

演出変更にもしっかり対応してきた村俊英さん。パパな雰囲気+(今回の演出変更による)男の滾りもシッカリ表現されていて、流石でした。

いいねぇ…オトナの渋みに加えてあの我慢できない感じの表情、最高じゃないですか。色気タップリ怪人でした。やばすぎでしょ。

村俊英さんは独特のテンポずらし歌いがデフォルトで、これまで生オケとの相性はあまり良くない印象でしたが、今回はずらし歌いは極力抑えめにして、村ファントム主導の歌唱にオケが合わせるという、歌+伴奏の息もピッタリでした。ええわこれ。

もう本当に横浜オペラ座最高すぎるんですけど!村俊英ファントムに完全にノックアウトされました。

村さんは高井・佐野怪人よりもかなり年上ファントムですが、その美声はまだまだ健在。今回の村ファントム登場ににやられた人は相当多かったですよ。急遽登板だったので村さんだけは演出変更はなしで結構自由にやるのかな?と思っていたら、しっかり変更に対応してきたのも本当に頭が下がります。

村ファントム、チャンスがあれば是非見てほしい素晴らしい怪人でした。

 

苫田亜沙子クリスティーヌの表情演技が凄い

今回の演出変更はより劇場型になったとも言えます。お人形さんだったクリスティーヌは、しっかりと意思を持った一人の人間になりました。

今回の「さらに演出変更」では、クリスティーヌは少女から大人の女性に変わる過程も表現されるようになりました。

苫田亜沙子さんは流石の演技力で、今回の演出変更にもしっかり対応していました。クリスティーヌが少女から大人への転機になるのはやはりミュージック・オブ・ザ・ナイトなんですけど、その時の表情はもう・・・いや、見てください是非。凄いですよ!

その後怪人を思い出す度に顔を赤らめて目を潤ませる表情なんかは、もう本当にヤバいです。うますぎます。

それに今回の回では感情がガッツリ入ったのか特に2幕はずーっと泣いていました。支配人のオフィスでさんざん泣いて、その後のドンファンリハーサルでもまだ泣いていて、メグが「クリ大丈夫?」と手を差し伸べるんですけど苫クリ「うんクスン」みたいな感じで手で涙を拭っていて、なんか可哀想やら可愛いやらで大変でした。

 

まとめ:さらに演出変更になった劇団四季のオペラ座の怪人はアツくてエロくて凄かった!

今回の更に演出変更で性的な表現が強くなったのは、もうこれはオリジナル仕様(ロンドン公演)に近づけたということです。まぁ、めっちゃエロかったです。怪人もクリスティーヌもですね。5割増ぐらいで。

ミュージック・オブ・ザ・ナイトでエロって嘘でしょ?と思う人は、2004年映画版もあわせてご覧になってください是非。

むしろ今まで曖昧にしてきた点をはっきりと表現することで、観客としてはよりわかりやすく、よりダイナミックに変わったという印象でした。いや、このバージョンのオペラ座の怪人は最高にいいですよ!

ラウルがより情熱的になっていましたね。あのね、熱血感ではなく情熱的です。だから空回りしないの。これも良かったですよ。ファントム派の私ですがラウルのこと少し応援したもん。

あと個人的にはやはりファントムオルガンが生演奏になったことは良かったです。狂った感じのね。音も大きかったしめっちゃ良かった。サルゴールはまだ録音でしたけど。

そしてそのサルゴールがよりクローズアップされているように感じました。ラウルもファントムもサルゴール(=クリスティーヌへの想い)を募らせているのがわかります。強調されていますからね。

いや泣けますよ。怒涛の2幕終盤の展開は息を呑むこと必至です!マジでやばいよ~!

チケット入手は大変困難ですが、ぜひぜひ劇団四季オペラ座の怪人横浜公演をご覧になってください。

広島・京都と続きますができれば生演奏のうちに……録音伴奏になるとまた随分雰囲気は変わってしまいますから。

それでは今回はこのぐらいにしておきますね!

 

観劇日当日のTwitter感想まとめはこちら:2017年06月21日のつぶやき

劇団四季オペラ座の怪人観劇レポ

劇団四季オペラ座の怪人感想 レジェンド高井治ファントムの復活と極上の横浜オペラ座に酔いしれた観劇レポ
劇団四季オペラ座の怪人感想 レジェンド高井治ファントムの復活と極上の横浜オペラ座に酔いしれた観劇レポ

pic.twitter.com/wut3AqxB1B — 禁断先生 (@J_kindan) 2017年3月26日 みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季オペラ座の怪人横浜公演( …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人2017横浜感想 佐野正幸vs苫田亜沙子のアツい対決にグッときた
劇団四季オペラ座の怪人2017横浜感想 佐野正幸vs苫田亜沙子のアツい対決にグッときた

pic.twitter.com/w7BnZfnRxW — 禁断先生 (@J_kindan) 2017年5月24日 みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季オペラ座の怪人2017横 …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人関連記事:

劇団四季オペラ座の怪人 指輪の謎に迫る
劇団四季オペラ座の怪人 指輪の謎に迫る

※この記事は2015年10月15日に初稿し、後に再編して再公開しました。 YouTubeは2004年映画版オペラ座の怪人、ファントムがクリスティーヌの首からぶら下がった指輪を引きちぎるシーン &nbs …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人 墓場3重唱のファントム旋律について解説
劇団四季オペラ座の怪人 墓場3重唱のファントム旋律について解説

※この記事は2016年7月3日に初稿し、後に再編して再公開しました。   みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』について書きますね …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人Think of Meのキーをロンドン仕様に変更 キー上げ解説
劇団四季オペラ座の怪人Think of Meのキーをロンドン仕様に変更 キー上げ解説

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季オペラ座の怪人(横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2017年3月25日開幕~8月13日千穐楽、広島公演:上野学園ホール 2017 …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人京都公演チケットの取り方 値段と発売日は?より確実に予約・購入する安全な方法まとめ
劇団四季オペラ座の怪人京都公演チケットの取り方 値段と発売日は?より確実に予約・購入する安全な方法まとめ

  【記事更新】京都公演最終発売分(2018年4月1日(日)~5月20日(日)千穐楽公演分)のチケット発売情報を掲載しました   みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です …

続きを見る

劇団四季オペラ座の怪人 KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2017年6月21日の出演者

オペラ座の怪人:村 俊英
クリスティーヌ・ダーエ:苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵:神永東吾
カルロッタ・ジュディチェルリ:河村 彩
メグ・ジリー:中里美喜
マダム・ジリー:佐和由梨
ムッシュー・アンドレ:青羽 剛
ムッシュー・フィルマン:平良交一
ウバルド・ピアンジ:永井崇多宏
ムッシュー・レイエ:松下武史
ムッシュー・ルフェーブル:鈴木 周
ジョセフ・ブケー:橋元聖地

アンサンブル:
伊藤潤一郎
宇都宮千織
見付祐一
村田慶介
井上隆司
松永隆志
村田晃一

戸田愛子
吉良淑乃
時枝里好
辻 奈々
徳山稚子
吉田瑛美
西田ゆりあ
髙田直美
羽田沙織
石野寛子
松岡ゆめ
小澤真琴

オーケストラ指揮:濱本広洋

劇団四季オペラ座の怪人公演情報

劇団四季オペラ座の怪人

横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2017年3月25日開幕~8月13日千穐楽
広島公演:上野学園ホール 2017年9月14日開幕
京都公演:京都劇場 2017年12月開幕

作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞:チャールズ・ハート
演出:ハロルド・プリンス
振付:ジリアン・リン
美術:マリア・ビョルンソン
日本語台本/初演日本版演出:浅利慶太
演出スーパーバイザー:北澤裕輔

オペラ座の怪人 icon(チケットぴあ)

スポンサーリンク

関連記事・Ad

禁断先生

禁断です。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。最近健康の為に禁酒しました。よろしくお願いします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 ツイッター メルマガ お問い合わせ

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断先生をフォロー!

禁断劇場イチオシ記事

観劇遠征・観劇旅行をするなら新幹線よりも航空機利用の方が安くてオトクという話 1

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 ミュージカルを観劇する時には劇場に向かうことになりますよね。 そうです。生の舞台を観劇するわけですから必ず劇場へ足を運びます。 ですが時々、遠方ま …

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』2018東京公演チケット・会場・料金と魅力について 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 カナダに本部を置きラスベガス等世界中で公演をしているエンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユはご存知ですか? 以前日本での公演を見たことがあ …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年11月・12月版】 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はWOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました。 WOWOWでは特にトニー賞、井上芳雄、宝塚歌劇、2.5次元に力を入れています …

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演 宝塚・帝劇・四季・梅芸・貸切・優待割引まとめ【2017年11月版】 4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はVpass(ブイパス)チケットについて紹介します。 宝塚歌劇団や帝劇ミュージカルなど、通常ルートでは入手できない貸切や半館貸切などの公演チケ …

ミュージカル公演チケット、先行抽選・先着先行・まもなく発売開始・発売中チケット一覧 5

  このページではミュージカル公演チケットの最新情報をご案内します。 ミュージカル公演の先行抽選、先着先行、まもなく発売開始、そして発売中のチケット情報をまとめています ※リンク先は常に最新 …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今回はタイトル通りですが、ミュージカル観劇に使えるクレジットカードのご紹介をします …

オペラグラスミュージカル最強なのはこれ 7

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。   今回は私が最近買った最強のアイテムをご紹介します。 これは本当にめっちゃ良い品で、早く皆さんにお伝えしたくて仕方なくてウズウズしてい …

モリクミプロデュースおせち2018予約受付中 8

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 2017年も残りわずかですね。 あっという間に1年が経とうとしています。本当に早いですね。 さて!このブログを読んでいる皆様はお正月から観劇三昧と …

-オペラ座の怪人, 劇団四季, 観劇感想
-, , , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 All Rights Reserved.