スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代に:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年4月版】

スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代に:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年4月版】

おすすめ商品案内 格安SIM

スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代に:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年4月版】

投稿日:2017-04-04 更新日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

みなさんはスマホを使っていますか?私は使っていますよ。スマホはもはや生活や仕事にも必需品とも言える大切なアイテムですよね。

でもスマホ代ってめちゃくちゃ高くないですか?だいたい、毎月7,000円~8,000円ぐらいのスマホ料金を支払っていることと思います。

ぶっちゃけ、8,000円もあればあと少し足せばミュージカルを1回見にいけますよね。

私も以前は同じぐらいの料金を払っていました。家族2人分で15,000円以上です。毎月毎月。ヒー!

ですが今支払っている金額は1,000円台です。2人で3,000円いかないです。毎月の料金ですよ。

ほんまに、めっちゃ安くなってかなり助かっています。

 

・この記事をスマホからサクサク読めるAMPで読む

 

※この記事は随時更新します。2017年4月4日更新

 

スポンサーリンク

この記事の詳細を知るために目次を開く⇒

スマホは格安SIMに乗り換えて賢く大幅節約してミュージカルチケット代にまわそうね:スマホ使用状況別・お困り別オススメ格安スマホプランを紹介

とても簡単な話なんですけど、今契約しているキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換えると、毎月1,000円台から利用することが可能です。

ホンマに、たったそれだけのことなんです。

毎月通信制限がきてしまうヘビーユーザーの人でも、毎月2,000~3,000円台でいけます。

なので、是非格安SIMに今すぐにでも乗り換えてください。MNP(ナンバーポータビリティ)を利用すればこれまでの携帯電話番号を引き継ぐこともできます。

今回は想定されるケース別・お困り別にオススメの格安SIMとプランを紹介していきます。

そして最後の方に「格安SIMってどうせ○○なんでしょ?」的な誤解や不安をブチ破るFAQも置いておきますね。

スマホ代をガッツリ安くして、その分ミュージカル観劇費用にあてていきましょ!

 

1:毎月の「通信制限」に困っている人は大容量プランor使い放題プランをオススメ

通信制限がかかり固まる系女子

「あ、今月も通信制限かかったわ…新作ミュージカルの制作発表会見のYouTubeが見たいのに!…見れない…うぅ」

月末近くになると「ああ今月も通信制限きた。遅くて使いものにならんわ」と、通信制限に困っている人は多いと思います。

そんな人はU-mobile(ユーモバイル)の大容量(25GB)・もしくは使い放題のプランを選ぶことで解決します。

  容量 月額料金 通信 最低利用期間
U-mobile MAX 25GB(通話プラス) 25GB 2,880円 ドコモ 6ヶ月
U-mobile LTE使い放題(通話プラス) 使い放題 2,980円 ドコモ 6ヶ月

キャリアの容量は基本7GB/月です。それ以上超えると低速モードの通信制限がかけられてしまう仕組みです。

でも、毎月通信制限に困っている人でも25GBもあれば充分でしょうし、それでも足りん!という人は「使い放題」というプランもあります。

どちらもこれだけ使っても2,000円台(消費税を入れて3,000円台)と驚きの安さです。正直ココの大容量プランは安すぎです。良いことなんですけど(笑)

とにかく毎月スマホの通信制限に困っている人にはこれほど心強いものはありませんね。

動画も音楽もウェブブラウジングもSNSもガッツリ使い倒しましょう。

 

U-mobile MAX 25GB

U-mobile LTE使い放題

 

2:SNSをバリバリ使う人はLINEモバイルのコミュニケーションフリープランをオススメ

劇団四季や東宝演劇などTwitterなどSNSを導入している企業は多い

劇団四季・東宝演劇・宝塚歌劇などSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)を導入している企業は多く、ユーザーはおのずとSNSをチェックする頻度が高くなる

SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)をバリバリ使い倒すSNSヘビーユーザーの人は、LINEモバイルがいいです。

実際、劇団四季はLINEとTwitterとInstagram。

東宝演劇はTwitterとFacebook。宝塚歌劇はFacebook。

ホリプロや梅芸もSNSを使っていて、今やSNSはいち早く公演情報を知るツールとしては欠かせないものです。また、俳優がSNSを活用していることも多いですよね。

LINEモバイル(ラインモバイル)のコミュニケーションフリープランは上記4大SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)をどれだけ使ってもカウントフリー、SNSのデータ消費はなしになります。

これ、ミュージカルファンには嬉しくないですか?

SNSをよく使う人であればデータ容量の消費はググッと押さえられるので、毎月の料金はかなり安くなります。

LINEモバイルコミュニケーションフリープラン(音声通話SIM) 月額料金 通信 最低利用期間
3GB 1,690円 ドコモ 12ヶ月
5GB 2,280円 ドコモ 12ヶ月
7GB 2,880円 ドコモ 12ヶ月
10GB 3,220円 ドコモ 12ヶ月

ぶっちゃけSNS中心の人はこのLINEモバイルがあれば3GBでも充分です。SNSカウントフリーですからね。

また、Twitterから頻繁につぶやく人や、TwitterやInstagramを使って劇場やレストランなどから画像や動画を送りたい人にはもってこいのプランです。

スマホでSNSをバリバリ使うって人はオススメします。

 

LINEモバイル

 

3:家族みんなで使って割引・パケットシェアできるのはmineo

家族でスマホをどこの格安SIMにしようか検討している

「やっぱりスマホは家族割ができな始まらんわな」「それにデータの分け合いと余ったデータの繰り越しができな始まらんわな」

キャリアでは当たり前の家族割は、格安SIMではやっている会社はあまりありません。

でもmineo(マイネオ)なら家族割引・複数回線割引があるので、家族みんなで格安SIMにしたい人はオススメします。もちろんパケットシェア(翌月繰越分のデータを分け合う)も可能です

 mineo Dプラン デュアルタイプ 月額料金  通信 最低利用期間
 500MB  1,400円  ドコモ  なし
 1GB  1,500円  ドコモ  なし
 3GB  1,600円  ドコモ  なし
 5GB  2,280円  ドコモ  なし
 10GB  3,220円  ドコモ  なし

・複数回線割/家族割とも1回線あたり-50円引き

・パケットシェアあり、データ繰り越しあり

1回線あたり-50円ですが家族3人4人分毎月…となると大きいです。

またお父さんお母さんはそんなにデータを使わない分、あまったデータ(パケット)を翌月娘が使う…なんていうパケットシェアもできます。コレ、現実的でしょ?

より節約意識の高い人や、とにかくスマホ代を安くしたい人にはmineoは最適最強です。私もmineoを家族で使っています。

またmineoは基本料金から毎月800円を3ヶ月間も割引してくれる新生活応援キャンペーンを実施しているので、格安SIMを安く導入したい人は今がチャンスです。(2017年5月9日まで)

 

mineo

4:auユーザーならmineo(Aプラン)をオススメ

auスマホユーザーはau系格安SIMを使える

「え?格安SIMってドコモスマホユーザーしか使われへんの?私のスマホauやのにどうしよう…」

格安SIMの殆どはドコモ回線を使用しているので、ドコモユーザーは手持ちのドコモスマホはそのまま使える…という恩恵を受けられます。ドコモの人は大勝利なんです(笑)

「えーワシauユーザーやねんけど!」という人も安心してください。au回線を使った格安SIMを選べば手持ちのauスマホはそのまま使えるので大丈夫です。

auユーザーであればmineoのAプランをオススメします。

mineo Aプラン デュアルタイプ 月額料金 通信 最低利用期間
500MB 1,310円 au なし
1GB 1,410円 au なし
3GB 1,510円 au なし
5GB 2,190円 au なし
10GB 3,130円 au なし

auのスマホを持っている人はmineoのAプランを選べばauのスマホをSIMフリー化しなくても、そのまま使うことが可能です。

mineoはドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)を選べます。

例えばお父さんau回線(Aプラン)お母さんドコモ回線(Dプラン)娘au回線(Aプラン)で家族割…なんてことも可能です。

au vsドコモで火花を散らしていた家族もmineoで仲直り…ってな具合です。まぁ冗談ですけど(笑)

家族で使わないという人もauスマホの人なら、mineoの料金はシンプルでわかりやすいのでオススメします。ウチもmineoのAプランです。

 

mineo

 

5:ソフトバンクユーザー待望の格安SIM「U-mobile S」遂に登場

これまで格安SIMは圧倒的にドコモ系が多く、ソフトバンクのスマホにそのままで使える格安SIMは実質存在しませんでした

ですが今回新しくU-mobileからソフトバンク系格安SIMが遂に登場しました。

ソフトバンクユーザーの皆様、お待たせしました。

ソフトバンクのスマホをSIMロック解除しなくても使える格安SIMが遂に登場です。(当初はiPhone、iPadに対応)

U-mobile S データ専用 月額料金 回線 最低利用期間
1GB 880円 ソフトバンク なし
3GB 1,580円 ソフトバンク なし
7GB 2,980円 ソフトバンク なし
30GB 4,980円 ソフトバンク なし

業界初のソフトバンク回線格安SIM、U-mobile Sは2017年3月22日よりスタート開始。

まずはiPhoneシリーズ(iPhone5以降)・iPadシリーズから対応スタートで、電話機能は使えないデータ専用SIMからの提供になります。

機種変更後眠らせていたソフトバンク版iPhoneを2台目のスマホにするには最適ですよ。

 

U-mobile

 

6:新品のiPhoneと格安SIMをセットで買いたい人はコチラ

「iPhoneを別で買って別で格安SIMと契約するなんてハードル高杉」「新しくiPhoneを買いたいので格安SIMでデビューしたい」という人には、UQモバイルのiPhone SE端末セット購入をオススメします。

UQモバイル おしゃべりプラン・ぴったりプラン プランS(2GB/月) プランM(6GB/月) プランL(14GB/月)
月額料金(iPhone SE 端末代金込み 2,980円 3,980円 5,980円

※最低利用期間2年間(自動更新)、2年目から月額料金+1,000円アップ

KDDIの子会社UQモバイルの安定した高速通信(au回線)が使え、人気の4インチ高スペックiPhoneのSEを格安でセット購入できるプランが登場しています。

キャリア品質とほぼ同格の通信+ハイスペックiPhoneの実質「格安スマホ」ということになるので、これからiPhoneを持ちたい人にはオススメのセットです。というか安すぎてビビリます。

UQモバイルは以前使っていましたが通信品質(特に速度は爆速で安定)は確かですよ。

 

UQ モバイル

 

FAQ:よくある格安SIMの誤解や質問や不安点をビシャーッと解決するよ!

格安SIMについてまだ疑っている系女子

「うーん格安SIMって安くなるらしいけど何か落とし穴があるのじゃないかしら…」

それではここから、よく質問される格安SIMについての疑問点や心配していることなど、順番に回答していきますね。

 

Q1:格安SIMってなぜ料金が安くなるの?

A1:自前で通信設備を持たずドコモやauの回線を借りることで、料金をググッと安くできます。

Q2:格安SIMって電波が悪いんじゃないの?

A2:いいえ。ドコモやauと同じ回線を使用するため、利用エリアはドコモやauと全く同じです。

スマホ画面も「docomo」「au」と表示されるので、カッコ悪くはないですよ(笑)

ドコモ版iPhoneにドコモ系格安SIM「U-mobile」のSIMを挿入した例。アンテナピクトには「docomo」の表示になっている

ドコモ版iPhoneにドコモ系格安SIM「U-mobile」のSIMを挿入した例。アンテナピクトには「docomo」の表示になっている

Q3:格安SIMって通信が遅いんじゃないの?

A3:ランチタイムなどみんなが利用する時間帯や混み合っている場合には、一時的に通信速度が少し遅く感じることはあります。

個人的な使用感ですが「遅いわ!こりゃ使いモンにはならんぞ!」と思ったことは殆どありません。普通に使えるし動画もちゃんと見れます。

Q4:格安SIMを使うことで利用できなくなる機能があるんじゃないの?

A4:あります。キャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpなど)は使えなくなります。

でも、スマホではGmailやヤフーメールなど、いわゆるパソコンのメールアドレスを使用できるので、キャリアメールがなくなってもさほど困ることはありません。

またLINEなど、スマホのアプリや機能は全てそのまま使えます。

Q5:実は安くないんじゃないの?

A5:いいえ。ぶっちゃけホンマにめっちゃ安いです。嘘つかないよ。

Q6:格安SIMは通話料金が高いのでは?

A6:格安SIMの通話料金は基本的に20円/30秒となり、キャリアの標準的な通話料金と同じです。

ただこれではぶっちゃけ高いので、通話料金が半額の10円/30秒になる通話アプリの楽天でんわを利用することをオススメします。

楽天でんわは通話した分だけ支払う安心サービスです。月額基本料金とかそんなのありません。使わなければ請求もされません。

ほかに格安SIM各社で楽天でんわのような通話半額(もしくは割引)アプリを用意していたり、通話パックのようなお得なプランを用意していることもあります。

電話をよくかけるという人はそちらの利用の検討もオススメします。

もちろん格安SIMを使っている場合でもLINEなどの無料通話アプリの利用は可能で、その場合はもちろん通話料金は発生しません。

Q7:格安SIMは縛りが長かったり高い違約金があるのでは?

A7:格安SIMの会社やプランによって異なりますが、基本的には半年~1年間の最低利用期間があり、最低利用期間内の解約やMNP転出は6,000~9,800円程度の解除手数料になります。

また、最低利用期間が過ぎればいつ解約しても解約手数料はかからないことが殆どで、キャリアに較べてもかなり良心的と言えます。

mineoのように最低利用期間なし・解除手数料なし(ただし1年以内のMNP転出は手数料あり、単純な解約の場合は手数料なし)という格安SIMもあります。

またどの格安SIMも、電話機能をもたない「データ通信専用SIM」の場合は最低利用期間も解除料もありません。

Q8:子どもにスマホを持たせたいのですがフィルタリング機能は利用できますか?

A8:はい、一部の格安SIMでは有害なサイトをブロックできるフィルタリング機能を利用できます。

LINEモバイルでは出会い系・SNSによる被害・高額請求などネットの危険から守る「i-フィルターforマルチデバイス」を無料で利用することが可能です。

また、mineoでもLINEモバイルと同様の機能を持つ「i-フィルター」を月額350円で利用することができます。

お子さまに持たせるスマホにはフィルタリング機能を利用できる格安SIMを選ぶようにしてくださいね。

あ、でも禁断劇場(このブログ)のブロックはしないでください(笑)

Q9:iPhoneで格安SIMは利用できますか?

A9:はい、できます。

Appleで購入したシムフリー版iPhone、ドコモ版iPhone(ドコモ系格安SIMで使用可能)、au版iPhone(mineo Aプランで使用可能)、ソフトバンク版iPhone(U-mobile Sで使用可能)であれば、格安SIMで使用可能です。

またUQ モバイルのように新品のiPhone(SE, 5s)と格安SIMとの端末セットを用意している会社もあります。

Q10:格安SIMでスマホデビューしたいです

A10:もちろんできます。

安くて機能・性能の高いスマホとSIMを同時に購入できる「端末セット」を格安SIM各社が用意しています。

また自分の好きな端末(iPhoneなど)を自前で用意して好きな格安SIMを入れて、スマホデビューすることも可能です。

家族が以前使っていて今は使っていない眠っているスマホを再利用することだってできます。(格安SIM各社の動作確認端末一覧で動作可能かどうか必ず確認すること)

Q11:クレジットカードは必須ですか?

A11:基本的には格安SIMではクレジット決済となり、契約者本人名義のクレジットカードは必須になります。

まだクレジットカードを持っていない人は、ミュージカルチケットの決済等にも必須ですので、この機会にクレジットカードを持つようにしましょう。

>>オススメ!ミュージカル観劇に便利なクレジットカード3選はコレだ!

 

事情があってどうしてもクレジットカードを利用できない人は口座振替が可能な楽天モバイルをオススメします

>>楽天モバイル

Q12:格安SIMに乗り換えたいけど更新月がまだまだ先です

A12:キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の2年縛りがあるために格安SIMに乗り換えることができない…という話をよく聞きます。

更新月以外での解約は9,500円の解除手数料、MNP転出手数料が2,000円~3,000円、転入先の格安SIM会社にMNP転入手数料が3,000円と、1回のMNPに約15,000円程の手数料が総額で発生します。

でも、格安SIMにはその手数料を払ってでもできるだけ早く乗り換えた方がいいのです。

なぜなら格安スマホに乗り換えることで月々4,000~6,000円以上の節約になりますから、3~4ヶ月もすれば手数料の元は取れます。

ちょうど来月が更新月…という人でもない限りは、手数料を払うのはもったいないけれど、さっさと乗り換えたほうが早く・賢くスマホ節約生活がスタートできるのです。

いつまでも2年縛りに縛られ続けるのはもうやめて、スッキリさせましょう。

 

まとめ:スマホ代を節約してその分ミュージカルをたくさん見にいこう!

格安SIMに変えてスマホ代節約に成功した系女子

「格安SIMに変えてから3ヶ月経つけど全然普通に使えるし料金が安くなったからホント助かってる。さて今日はあのミュージカルの先行予約…と」

今のスマホ料金と較べてみていかがですか?

私も実際に格安SIMを使っていて、これまで色んな人に格安SIMを紹介してきました。

紹介した人は皆めっちゃ喜んでくれてとても感謝されました。ほんまですよ。

みなさん「意外に普通に使えるから驚いた」と言われます。本当に使用感はキャリアと遜色ありません。

いやぶっちゃけ…お金のかかる趣味じゃないですか。ミュージカル観劇って(笑)

限られた収入の中から趣味に費用を充てるわけですから、日頃使うスマホをドコモやauと同じ電波で同じ機能のまま料金は毎月1,000~3,000円台にできたらもう最高だと思いませんか?

だって年間にしたらエライ節約になりますよ?毎月5,000円節約としても年間60,000円ですよ。帝劇のS席4枚分・劇団四季のS席5枚分よ。いやマジで。

ホンマに、まだ格安SIMにしていない人は、すぐにでもするべきです。

よく「家族割に入ってるから無理」っていう人がいるんですけど、今回紹介したmineoなら家族割もパケット分け合いもできるので、もうそんなワケのわからん理由は却下(笑)

ウチもしっかり家族割使ってますよ。

 

で、それでもまだどうしようか迷っているという慎重派なアナタ(笑)には最後にこちらをオススメします!

U-mobile 2ヶ月間無料トライアルキャンペーン

2ヶ月間の基本料金をタダにして、格安SIMをお試しさせてくれるという、あまりに優しすぎるキャンペーンを実施しています。

気に入らなかったら2ヶ月以内に解約すればOK。お金はかかりません。

心配な人はこういうお試しができるので、実際に使ってみて特に問題がなければ、格安SIMに乗り換えるようにしてくださいね。

そして…もしまだわからないことや不安なことがあれば、もう私に直接聞いて下さい(笑)

問い合わせフォームからでおkです!

それでは今回はここまで。バイバイ!

※この記事の表示価格は全て税抜きです。この記事は随時更新します

スポンサーリンク

この記事を書いた人

禁断先生

「今週もやっぱり禁断症状」の管理人、観劇ブロガーの禁断です。禁断先生なんて呼ばれております。こんにちは。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。好きな言葉は「生命と時間は無駄に使うな」。今回こちらの「禁断劇場」を復活させ、読みものを中心に書いていくことにしました。引き続きよろしくお願いいたします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 
ツイッター
 メルマガ お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事がおもしろいと思ったらシェア!

禁断劇場イチオシ記事

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演【2017年5月版】宝塚/帝劇/四季/貸切/優待割引 1

みなさんこんにちは!禁断です。 今回は、私も使っている三井住友VISAカードほかで利用できるVpass(ブイパス)チケッ …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年5月・6月版】 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、WOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめまし …

スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代に:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年4月版】 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 みなさんはスマホを使っていますか?私は使っていますよ。スマホはもは …

宝塚ミュージカル教室に通う女子 4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は「宝塚ミュージカル教室」という、ダンス教室をご紹介しますね! …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今 …

-おすすめ商品案内, 格安SIM
-, , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 AllRights Reserved.