劇団四季ノートルダムの鐘感想

劇団四季 ノートルダムの鐘 観劇感想 海宝直人

劇団四季ノートルダムの鐘感想 日本初演初日 魂を揺さぶる本格ミュージカルが重厚に開幕!観劇レポ

投稿日:2016-12-13 更新日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

劇団四季の新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』の日本初演(2016東京公演)開幕日・初日を観劇してきました。

 

今回はノートルダムの鐘初日の感想を書いていきますね。

 

・この記事をスマホからサクサク読めるAMPで読む

・この記事を通常版で読む

 

 

スポンサーリンク

この記事の詳細を知るために目次を開く⇒

劇団四季ノートルダムの鐘日本初演開幕初日感想

(Instagram:gekidanshiki_official 劇団四季ノートルダムの鐘 「ノートルダムの鐘」 カジモド:海宝直人)©Disney

 

まず、結論です。

 

劇団四季ノートルダムの鐘は、もう期待以上の出来でした!

重厚なミュージカルとはこのことです!魂をめっちゃ揺さぶられました!

ノートルダムの鐘、本当にめちゃくちゃ良かったです!

めっちゃ好きなヤツでした!ゴォゴォ泣きました!!

 

1幕ではとにかく作品のパワーに圧倒され続け、2幕ではあまりに哀しすぎて苦しくて痛くて

嗚咽をこらえることで精一杯でした…うぅ…うぅ…

ほんまに、2016年で一番泣きました!エグい感じでした。

あースッキリした。いや、こうなることはわかっていたので。OKです。

 

ノートルダムの鐘は、この作品を象徴する大きな「」以外の舞台ギミックはありません。

「フライングすげー!」「パペット本ものみたい!」「空とぶじゅうたんどうやって飛んでるの?」的な、派手なギミックや舞台アクションは一切ありません。

全ては、荘厳な作品のパワーを強く感じるミュージカルです。

 

 

それは俳優の演技(ヤバイぐらい泣かされるし、恐ろしい)、俳優の歌ウマ(上手すぎてググッとくる)、音楽や合唱のパワー(ザワーっと鳥肌が立つ)。

そして、強く感じるのは人間くささです。もうクッサイです!プンプンします!

でも、それがいいんですね。登場人物に感情移入ができます。

私、今回フィーバスに感情移入してしまいました。これは予想外でした…いや、フィーバス、エエ男やで!←

 

ノートルダムの鐘は非常にシリアスです。

これ、この感覚は、ミュージカル レ・ミゼラブルに似てるかなと思います。私の感覚ですけど。原作はどちらもユゴー先生ですしね。

そして、オペラ座の怪人ウィキッドに共通する点も多くありますので、いずれかの作品のファンなら刺さるものは必ずあるかと。

でも、思わずクスッと笑ってしまうようなシーンも少しあります。私は結構笑ったんだけど、周りはあまり笑ってなかったですが。日本のお客さんは行儀がいいので。

 

とにかく、禁断の感想なんてもうどうでもよいので(いや、ちょっとは読んでほしいけど笑)、本当にノートルダムの鐘は、できるだけ早い機会に見ていただければと思います!

 

劇団四季ノートルダムの鐘は、超絶オススメします!

 

ノートルダムの鐘のチケットがなくてお困りの方はこちら:

 

 

それでは、劇団四季のノートルダムの鐘の初日感想をダダーッと書いていきます。

 

この記事では主に、全キャストの役どころ(アンサンブルは主に何の登場人物を演じているのか)、劇団四季版ノートルダムの鐘のミュージカルナンバー日本語タイトル。劇団四季ノートルダムの鐘の4つの大きな特徴

そして、キャスト別感想を挟んで、最後に気づいたことと続けます。

 

ネタバレ注意!
この記事では核心部分や結末部分の言及はしません。

ですが、一切の予備知識なくノートルダムの鐘を観劇したい人は、この記事は読まないでくださいね。

 

では、いきますよ!

 

※この記事は適宜加筆したり修正します。ご了承ください。

 

 

劇団四季ノートルダムの鐘 2016年12月11日 日本初日キャスト ※アンサンブルが演じる役名付き

メインキャストに加えて、アンサンブルが演じる主な役を書き記しました。参考にしてください。

カジモド 海宝直人
クロード・フロロー 芝 清道
エスメラルダ 岡村美南
フィーバス 清水大星
クロパン 阿部よしつぐ

【男性アンサンブル】
フレデリック(副キャプテン) 鈴本 務
ルイ11世 安部三博
大空卓鵬
賀山祐介
聖アフロディージアス 高舛裕一
デュパン神父 平良交一
ジェアン・フロロー 佐藤圭一
吉田功太郎

【女性アンサンブル】
フロリカ 小川晃世
大森真理
吉田絢香
宿屋の女将 原田真理

【男性クワイヤ(聖歌隊)】
永井崇多宏
柳 隆幸
見付祐一
日浦眞矩
青井緑平
新井 克
河野陽介
和田ひでき

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
遠山美樹
辻 奈々
青柳歌奈
千田みゆき
谷 明実
河村古都
秋山知子
杉山由衣

 

アンサンブルには、オーディションでフロロー役を受験した平良交一さん。

エスメラルダを受験した吉田絢香さん、カジモドを受験した鈴本務さんが入っています。

 

※アンサンブルの役に間違いがありましたら連絡してください。修正します

 

関連:

 

劇団四季ノートルダムの鐘 日本版ミュージカルナンバー題名まとめ

劇団四季ノートルダムの鐘のミュージカルナンバー日本版(劇団四季版)の全ての題名(タイトル)が判明しましたので、まとめます。

 

劇団四季ノートルダムの鐘:ミュージカルナンバー第1幕

プロローグ

ノートルダムの鐘 The Bells of Notre Dame クロード、ジェアン、デュパン神父、アンサンブル、クワイア

第1場

サンクチュアリ~聖域 Sanctuary フロロー、カジモド

陽ざしの中へ Out There カジモド

第2場

トプシー・ターヴィー Topsy Turvy クロパン、カジモド、アンサンブル

息抜き Rest and Recreation フィーバス、フロロー、アンサンブル

タンバリンのリズム Rhythe of the Tambourine クロパン、エスメラルダ、フロロー、フィーバス、カジモド

第3場

神よ 弱き者を救いたまえ God Help the Outcasts エスメラルダ、アンサンブル、クワイア

第4場

世界の頂上で Top of the World エスメラルダ、カジモド、アンサンブル

第5場

酒場の歌 The Tavern Song (Thai MoL Piyas) エスメラルダ、フロロー、アンサンブル

第6場

天国の光 Heven’s Light カジモド

第7場

地獄の炎 Hellfire フロロー、アンサンブル、クワイア

第9場

エスメラルダ Esmeralda オール・カンパニー

 

劇団四季ノートルダムの鐘:ミュージカルナンバー第2幕

間奏曲(アントラクト) Entr’acte クワイア

第1場

エジプトへの逃避 Flight into Egypt 聖アフロディージアス、カジモド、アンサンブル

第3場

奇跡御殿 The Court of Miracles クロパン、アンサンブル

奇跡もとめて In a Place of Miracles フィーバス、エスメラルダ、カジモド、クロパン、アンサンブル

第4場

いつか Somday エスメラルダ、フィーバス

第5場

石になろう Made of Stone カジモド、アンサンブル

第7場

フィナーレ Finale Ultimo オール・カンパニー

関連:

 

 

劇団四季ノートルダムの鐘の4つの大きな特徴

それでは、劇団四季ノートルダムの鐘の特徴をまとめます。

 

特徴その1:劇団四季ノートルダムの鐘はアンサンブルが大活躍!キャスト全員が「語り部」で、ストーリー展開がとてもわかりやすい

劇団四季ノートルダムの鐘の大きな特徴として、キャストのほぼ全員が要所要所で「語り部」となり、台詞や歌で物語の補足説明をしてくれます

劇団四季ノートルダムの鐘は舞台セットの大きな変換はありませんが、この随所に入る説明が観客のイマジネーションをかきたて、「今こういうシーンなんだな」ということがよくわかるようにできています。

面白いのは、語り部は固定ではない…すなわち、一人のキャストが担うわけではなく、無法則に入れ替わっていくんですね。

例えば、さっきまで大助祭の格好をし、説教をしていたフロローが詰め襟姿になり、弟ジェアンと肩を組んで、

フロロー「クロードは優しい兄さん~♪

ジェアン「ジェアンは、美少年~♪

と歌うことで、若きフロロー兄弟の青年時代に時間が巻き戻ったんだ…ということがわかるようにできています。

「オペラ座の怪人」でジョセフ・ブケーを演じていた佐藤圭一さんがジェアン役なので、「ジェアンは美少年~♪」のフレーズだけで私は肩の震えがとまりませんでしたが、それはおいといても「あ、フロロー兄弟の弟の方はイケメンなんだな」ということがわかります。

そうです。アンサンブルだけではなく、プリンシパルも時には部分的に「語り部」になります。

ラストにはカジモドも…

 

そしてこの作品で大活躍するのは、アンサンブルです。

時には町の会衆、時には石像やガーゴイル、時には準メインどころ(デュパン神父、聖アフロディージアス、ルイ11世、宿屋の女将など)に扮します。

クワイアに加わり、コーラスに参加したりもします。

もちろん先程説明した「語り部」としても、要所要所入ってきます。

 

特徴その2:キャストは全員歌ウマ!

そしてとにかく、ノートルダムの鐘は全員!歌ウマの人が揃っています。

アンサンブルでもシングルで歌うシーンが多くあり、その声の良さが際立ちます。

特に、男性アンサンブル6枠の平良交一さんの歌声が豊かに響き渡り、ウットリしました。

 

特徴その3:差別・暴力シーンあり、性的な表現あり

詳しく、どのシーンで、どういうもの…とは書き記すのはやめておきますが、差別やいじめ、思わず目を覆いたくなるような暴力シーンがあります。

フロローは躾や罰のつもりだと思いますが、カジモドを虐待するシーンも少しあります。

まぁ、鐘撞き塔に閉じ込めている事自体、虐待ですけどね。

また、オリジナルプロダクション(北米プレミア版)と同様、この作品は「」もテーマのひとつとしており、性的な表現もある程度(マイルドながら)でてきます。でも家族で観劇して気まずい程ではないので安心してください。

2幕のフロローはかなりおぞましく、人によってはトラウマになるかも………

ノートルダムの鐘は大人のミュージカルです。

 

特徴その4:自然な日本語発声に

これは書いていいのかどうかわかりませんが、割と大きなことなので書きます。

ノートルダムの鐘では、とても自然な日本語発声になっています。

これまで、劇団四季独特の発声法(母音法)を苦手に感じていた人には、朗報になると思います。

劇団四季の台詞の聞き取りやすさはそのままで、ロボット的なカクカクがなくなった…と言えばわかりやすいでしょうか。

ですから、「ノートルダムの鐘見たいけど劇団四季だからなぁ!」という、四季嫌いの人にも、偏見なく見て頂ければいいなと思います。

(Instagram:gekidanshiki_official 劇団四季ノートルダムの鐘 「エジプトへの逃避」 聖アフロディージアス:高舛裕一、カジモド:飯田達郎)©Disney

 

スポンサーリンク

劇団四季ノートルダムの鐘 メインキャスト感想

それでは、劇団四季ノートルダムの鐘 初日キャストの感想をザックリと書いていきます。

 

カジモド:海宝直人

いやぁ、アカンです。めっちゃ泣かされました。身体と心の痛みをとても感じた。海宝直人のカジモドはアツいぞ!本当に素晴らしかった!

 

私は、海宝直人さんは劇団四季の舞台で拝見するのは今回が初めてでした。アラジンデビューもシンバデビューも見にいけませんでした。レ・ミゼラブルのマリウスでは何度か見ています。彼のマリウス、好きよ。2017年も見に行くわよ!

今回はディズニー作品3役目の主役で、しかも日本初演キャスト(カジモド役は飯田達郎さんとのダブル・オープニング・キャスト)で、開幕日の出演を射止めたわけですから、それはものすごいプレッシャーもあったことでしょう。

 

顔や身体を歪め、独特な発声で声をくぐもらせ、大汗をかきながら、不自由な身体で舞台を動きまわる海宝カジモドにグッときました。

もうね…最初に海宝直人が歩いてきたときから泣いたもん。カジモドになったときにはもうゴウゴウ泣いたもん。

すみません。ずーっと泣けるんです。このノートルダムの鐘は。

フロローはカジモドに「上に行け!」っていうんですね。そうか、「ハイ!」は上という意味か。

 

フロロー曰くカジモドはある意味「子ども」。エスメラルダ曰くカジモドはもう「オトナ」。

外の世界を知らないからこその子どもっぽい純真さもあり、真面目でひたむきで、まっすぐな心を持っているカジモド。

年齢的にはもう立派な大人であるのに、恋をしたこともないカジモド。

フロローに抑え込まれているけど、決して暗い性格ではなく、はしゃいだりお茶目な一面もある。

そんな辛く、哀れなカジモドに海宝直人さんはしっかりと向き合い、演じていました。

 

「陽ざしの中で」「石になろう(メイド・オブ・ストーン)」は熱唱熱唱…

海宝直人さんは、ハイトーンもラクラクでるんですよね。ええわ、最高音出す時の声の感じがまたググッとくる

美声で歌いながらもカジモドの息遣いである「ググッ」や「フン!」というのを入れてきます。これ、歌うのは相当シンドイはず。

でも、歌声は安定。くっきりはっきりです。

メインナンバー2曲以外でも、カジモドのパートは基本的にはものすごく高い音を取っていることが殆どで、海宝直人カジモドの美声がハーモニーでもとても綺麗に聞こえて、とても心地よかったです。

でも、歌うの本当に大変だろうな…

 

ラストの演技は…もう…涙涙、涙です。私は泣きすぎてメガネが落ちそうになりました。

ぜひ、あなたの目で確認してください。

 

海宝直人さんはレ・ミゼラブルの出演が決まっているので、ノートルダムの鐘は限定出演になるのでしょう。

京都や横浜で出てくれるのかどうかはわかりませんが、また是非、出演してほしいですよ!

 

クロード・フロロー:芝清道

芝清道がまたやってくれましたぜ…これは新境地ですよ!

劇団四季版では、芝清道さん演じるフロローの愛を感じました。たっぷりと。

弟への愛。弟の息子であるカジモドへの愛。

そして…エスメラルダへの愛。これはおぞましいほどに感じました

 

とにかく気持ち悪いし、おそろしいし、完全に歪みきっています

こんな恐ろしい人に狙われてしまったエスメラルダは、とにかく気の毒だとしかいいようがありません。

 

聖職者としての敬虔な心、(聖職者のくせに差別する)ジプシー嫌いの心、そして抑えきれない、溢れでる欲望・・・

コントロールしようとすればするほど、義務や正義の名のもとに重ねていく罪

この超難役とも言えるフロローを見事なまでに、芝清道が渋く、恐ろしく演じます!本当に素晴らしいです。

 

エスメラルダに「怪物はあなたよ!」と言われるフロロー。その後のフロローが、めちゃくちゃ恐ろしいです

とにかく、芝さんの演技にやられた!という感じです。フロローが主役なんですよ…このノートルダムの鐘は…

 

そして、フロローといえばビッグ・ナンバーの「ヘル・ファイアー(地獄の炎)」です。

これ、なんでしょう。こんなパワフルなヘル・ファイアーを体感してしまった私は、この後一体どうすればいいんですか?

フロローの葛藤を、脅威の歌声で表現する芝清道。絶唱とはこのこと!

身震いするほどの揺らし歌唱と、アンサンブル+クワイアの分厚い合唱は、もう必見必聴です!

 

 

いやー芝さん。やってくれはりましたわ・・・めっちゃ好きですわ、芝フロロー・・・こわすぎですわ恐ろしすぎですわ・・・

でも、こわいけどめっちゃ好きだった!歪みきったどうしようもないオッサン、芝フロブラボー!

 

 

エスメラルダ:岡村美南

先にTwitterで書いたように、岡村美南さんのエスメラルダめちゃくちゃカッコよくて、本当に素晴らしかったのです!

ダンスはもちろん、もうウットリ。

「タンバリンのリズム」だけでなく、「酒場の歌」でもエスメラルダのダンスをタップリと楽しめます。

そしてあんなに激しく踊っているのに、さらに倍音歌唱を惜しげもなく披露して劇場を揺らします

なに?あの歌声はいったいどうやったら出るの?

そして、台詞を話す時の声色

あれは岡村美南の声じゃないよね。完全にエスメラルダの声になってるよね。喋り方がいちいちカッコイイです。

どことなく、ディズニー・アニメーション版のエスメラルダ役、保坂知寿さんの喋り方を意識しているような・・・(保坂知寿さんは石丸幹二さんとともに、初日公演をご覧になりました)

いや、とにかく、岡村美南エスメラルダはめちゃくちゃカッコイイ女性です。ほんまに惚れました。

あんな女性に憧れる人は多いでしょうね

 

そして、エスメラルダは気が強いだけじゃないんです。とても優しい一面も持ち合わせています

カジモドへの優しさがねぇ…もうほんまに泣かされます。

カジモドがエスメラルダに、友達のガーゴイルのことを嬉しそうに話した後、カジモドが「でもこんなバカみたいな話」と言ったら、エスメラルダは「そんなことない!」と、カジモドの空想話を含めて、全て優しく受け入れるのです。

その「そんなことない!」の言い方が良かったなぁ。ウソじゃない言い方というか。本心から言ってるというか。

 

そして、2幕終盤のエスメラルダの追い込まれ方が本当に壮絶で…見ているのが辛くて痛いほどでした。迫真の演技です。

そして、エスメラルダは最後まで優しいのです。

きっと、泣きます。彼女に感情移入した人はマジ泣きすると思います

 

フィーバス:清水大星

フィーバス役は清水大星さんでした。いやー彼がまた良かったです!イケメンよ!

フィーバスって、チャラチャラしてるのには理由があるんですよね。

戦地で4年間、地獄のような目にあって、ようやく返ってきて出世し、パリで大聖堂の警備隊長に就任したんです。

「息抜き」というナンバーでは、チャラチャラと女性にチョッカイをかけるシーンの合間に、その戦地時代のトラウマを表現する歌があります。

 

フィーバスは上官(フロロー)の命令には逆らわないけど、でも間違ったことは間違ったことだとちゃんと判断できる男なのです。

そして、女性には決してひどいことはしません。優しいんですね。

カジモドとはデコボココンビというか、あまり仲はよくないけど、エスメラルダの為に協力して奇跡御殿を目指します。

海宝カジモドとの台詞の掛け合いも良かったです。

 

ここまででも、演技力や隊長としての所作や、話し方なんかもかなり気に入ったんですけど、奇跡御殿でエスメラルダについていくと宣言した後ですね。(奇跡もとめて)

失恋したカジモドの歌声がまた哀しいんですけど、エスメラルダを守りたいという強い気持ちを感じました

 

そして、涙涙のエスメラルダとのデュエット、「サムデイ(いつか)」…ヤバイよ…

ラストの演技も非常に哀しい…です。

清水大星フィーバス、気に入りました。

カッコよかったし、演技はうまかったし、歌もうまいし、良かったよ!

 

クロパン:阿部よしつぐ

クロパン役は阿部よしつぐさんでした。ウマイです!

エエ感じに歌うし、軽快に踊るし、ずる賢そうな感じを歌や声で表現していました。

クロパンはことあるごとにエスメラルダに忠告します。

非協力的かと思いきや、エエシーンでパーっと現れて、助けてくれたりするんです。

やはり、クロパンの大きな見せ場は「トプシー・ターヴィー」ですが、それ以外でもクロパンは活躍します。

最後はカジモドと向き合ってあることをします。これがとても丁寧でよかった。泣けました。

名脇役…という表現が適当かはわかりませんが、阿部よしつぐさんのクロパン、良かったです。

 

 

劇団四季ノートルダムの鐘で気づいた点

それでは最後に、劇団四季版ノートルダムの鐘で気づいた点をまとめます。

 

1:劇団四季ノートルダムの鐘のあのフレーズは?

以前記事に書いた、この作品を象徴する2つのメッセージ・フレーズがありました。

劇団四季版では、こうなりました。

 

カジモド「What makes a monster and what makes a man?」(何が人を怪物に変え、何が人を人たらしめるのか?)

⇒ どこに違いがあるのだろう?

(アンサンブルの「人間か怪物か」的な被せコーラスあり)

 

フロロー「The wicked shall not go unpunished, the heart of the wicked is of little worth」(邪悪な者は必ず裁かれる、邪悪な者の心に価値などない)

⇒ 悪人は罰を受ける、邪悪な心は災い

 

※フレーズに間違いがあれば修正します。連絡してください。

 

参考:

 

2:サンクチュアリ、キリエ・エレイソンなどはそのまま

フロローが繰り返し言う「サンクチュアリ(聖域)」は、そのまま「ここはサンクチュアリ、聖域だ」と、英語から日本語と続けて言うようになっていました。

フィナーレでは、エスメラルダを救出するカジモドも「サンクチュアリ!聖域だ!」となります。

また1幕ラスト「エスメラルダ」では、フロローの命令に背いたフィーバスに対し、フロローは「キリエ・エレイソン、主よ憐れみを」と、やはり後のフレーズを日本語にして歌うようになっています。

 

3:ギャグキャラ?聖アフロディージアス、ルイ11世も設定そのままで登場

カジモドがフロローからお話をしてもらうことを楽しみにしている、「エジプトの逃避」のヒーロー、聖アフロディージアスは、そのままの設定で登場します。

首を切られ処刑された聖人なので、首を手に持った状態で登場する聖アフロディージアス。

その首は頭の上に戻りますが、時々「コキコキ」と奇妙な音がなり、首が突然落ちてめっちゃ面白いんですけど、日本ではほぼ無名の聖人の為、意味がわからず客席は無反応でした。笑

 

「慎重なる王」と呼ばれたルイ11世も、そのままの設定で登場します。

フロローに声をかけられた時に「ヒャッ!」という感じでビックリするのがかわいらしいです。臆病な面があるんですね。

でも、ルイ11世のこともあまり知られてないので、誰も笑わず。

 

私はこの2人に関しては、劇団四季版ではもっと簡単に「神様」「王様」として、ギャグ(首落ち、臆病など)は一切なしでいくのかな?と思っていましたが、オリジナルプロダクション(北米プレミア版)と同じ設定でした。

面白いなと思ったら笑ってもいいかなと思います。私は知っていたので「そのままでいくんや!」と、妙にツボでクスクス笑いました。

 

4:エスメラルダとクロパンは初対面設定に

初演ベルリン版では、エスメラルダはクロパンが送り込んだ秘蔵っ子…という設定でした。

北米プレミア版では、特にクロパンとエスメラルダの関係は語られず、最初から仲間という認識でした。

劇団四季版ではシーンが追加され、舞台裏でクロパンとエスメラルダが会話をするシーンがあります。

その際にクロパンは「噂通りだな」などと言うので、ふたりは初対面であることがわかります。

 

劇団四季ノートルダムの鐘初日公演感想:まとめ

いかがでしたか?おっと久々1万文字超えヤバ(笑)

 

今回私は幸運にも、劇団四季ノートルダムの鐘の日本初演、開幕初日を観劇することができました。

素晴らしい舞台を観ることができて、本当に幸せでした。ありがとうございました。

 

あ、カーテンコールが続くと、クワイア(合唱隊)も舞台に降りてきて他キャストと一緒のステージでお辞儀をします。

あらためて大所帯なカンパニーですね。みなさん本当に素晴らしい演技と歌声でした。

日本初演開幕を飾るにふさわしい、素晴らしいキャストであったと思います。

 

さて、この先チケットを持っていてノートルダムの鐘をご覧になる皆さんも、「ノートルダムの鐘って評判いいから見てみたいな!」とこれから見たいという人も、ぜひぜひ!

ノートルダムの鐘にビビッときたら、まよわずに、できるだけ早い機会に、観劇していただきたいです。

 

東京公演のチケットはもう殆どないので…

ノートルダムの鐘は東京公演の後、京都・横浜と続きますので、チャンスがあれば是非ご観劇を。

 

関連記事:

 

たくさんの人に、このノートルダムの鐘を見てもらえばいいなと思います。

私は、これからもノートルダムの鐘を何度か見にいきます。

それでは今回はこのぐらいで!バイバイ!

 

劇団四季ノートルダムの鐘日本初演2日目の感想はこちら:

劇団四季ノートルダムの鐘日本初演3日目の感想はこちら:

劇団四季ノートルダムの鐘日本初演4日目の感想はこちら:

5回目の観劇感想はこちら:

6回目の観劇感想はこちら:

 

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』公演情報

劇団四季ノートルダムの鐘
東京公演:四季劇場[秋] 2016年12月11日開幕~2017年6月25日千穐楽

京都公演:京都劇場 2017年7月23日開幕~9月28日千穐楽

横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2018年4月開幕

ノートルダムの鐘 クリエイティブ・スタッフ
演出:スコット・シュワルツ、脚本:ピーター・パーネル、音楽:アラン・メンケン、作詞:スティーブン・シュワルツ、日本語台本・訳詞:高橋知伽江、演出スーパーバイザー:味方隆司、北澤裕輔、音楽監督:鎮守めぐみ

劇団四季限定豪華版 ノートルダムの鐘CD(omni7ロフトショップ)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

禁断先生

「今週もやっぱり禁断症状」の管理人、観劇ブロガーの禁断です。禁断先生なんて呼ばれております。こんにちは。劇団四季など国内外ミュージカルの観劇レポ執筆や情報を発信しています。好きな言葉は「生命と時間は無駄に使うな」。今回こちらの「禁断劇場」を復活させ、読みものを中心に書いていくことにしました。引き続きよろしくお願いいたします。
運営者情報 今週もやっぱり禁断症状 
ツイッター
 メルマガ お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!してね

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断J(禁断先生)をフォロー!

この記事がおもしろいと思ったらシェア!

禁断劇場イチオシ記事

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演【2017年5月版】宝塚/帝劇/四季/貸切/優待割引 1

みなさんこんにちは!禁断です。 今回は、私も使っている三井住友VISAカードほかで利用できるVpass(ブイパス)チケッ …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年5月・6月版】 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は、WOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめまし …

スマホ代を賢く節約してミュージカルチケット代に:ケース別お困り別おすすめ格安SIMまとめ【2017年4月版】 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 みなさんはスマホを使っていますか?私は使っていますよ。スマホはもは …

宝塚ミュージカル教室に通う女子 4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回は「宝塚ミュージカル教室」という、ダンス教室をご紹介しますね! …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今 …

-劇団四季, ノートルダムの鐘, 観劇感想, 海宝直人
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 AllRights Reserved.