劇団四季ノートルダムの鐘感想 川口竜也フロロー堂々のデビュー!観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘感想 川口竜也フロロー堂々のデビュー!観劇レポ

ノートルダムの鐘 レ・ミゼラブル 劇団四季 観劇感想

劇団四季ノートルダムの鐘感想 川口竜也フロロー堂々のデビュー!観劇レポ

投稿日:

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

今回は劇団四季『ノートルダムの鐘』の感想を書きます。

そうです。帝国劇場ミュージカル「レ・ミゼラブル」のジャベール役、川口竜也さんがクロード・フロロー役でデビューとなりました!

川口竜也さんのフロローを一口で説明すれば「凄いフロローが登場した!」ということになります。

もうね、めちゃくちゃ良かったんです。圧倒的で最高でした

ノートルダムの鐘のチケットを検索する icon(チケットぴあ)

 

 

東宝レ・ミゼラブルFacebookより、ジャベール役:川口竜也

帝劇レ・ミゼラブル2015初日 吉原光夫×川口竜也 新レミゼを支えた二人の熱い男たち

 

広告

劇団四季ノートルダムの鐘感想:川口竜也フロロー堂々のデビュー!

川口竜也(かわぐちたつや)さんはフリーのミュージカル俳優・歌手

主人公ジャン・バルジャンを追い詰める宿敵、帝国劇場ミュージカル「レ・ミゼラブル」ジャベール役(2013, 2015, 2017, 2019)ほか、「エリザベート」「ジキル&ハイド」「スカーレット・ピンパーネル」「王家の紋章」「手紙」などミュージカルを中心に活躍。2018年10月には新作ミュージカル「生きる」の出演が決定しています。

川口竜也さんは、劇団四季ミュージカルの出演は今回の『ノートルダムの鐘』フロロー役が初となります

私の中では、川口竜也さんと言えばもうジャベール!なのです。川口ジャベールめちゃくちゃエエんですよ。この項の頭にYouTubeを貼ったので「星よ」の歌唱披露を存分に堪能してください。

「ストーカー気質」であることや「悪役」であることなど、ジャベールとフロローは共通点は多いです。神に仕える立場であるということも。

この二役は単純に悪役か?と問われれば深く言えば違うかもしれませんが、一応「善」(バルジャン、カジモド)に対する「悪」(ジャベール、フロロー)としておいたほうがわかりやすいですよね。その考えで大丈夫だと思います。

「レ・ミゼラブル」と「ノートルダムの鐘」は大元のプロダクションは別(レミゼはキャメロン・マッキントッシュ、ノートルダムはディズニー)ですが、巨匠 ヴィクトル・ユーゴーの文学作品が原作という点では共通しています。

ちなみにTwitterのファンの間ではこの2作品を行き来しHASHIGO観劇することを、ユーゴーに掛けて「ヴィクトル融合」と呼んでいますね。まぁダジャレです。

川口竜也さんだけでなく、カジモド役の海宝直人さん(客演)を始め、クロパン役の阿部よしつぐさん(四季)。ルイ11世役の安部三博さん(客演)や聖アフロディージアス役の高舛裕一さん(客演のち四季に入団)など、「レ・ミゼラブル」の実力派キャストがカンパニーとして多く参加しているのが『ノートルダムの鐘』です。

キャストでも「ヴィクトル融合」が実現しているのです。何らかの宿命を感じるこの2作品。どっちも好きです。どちらかしか見たことがないという方は、見ていない方も是非ご覧になってください。

今回の『ノートルダムの鐘』では、2018年4月8日の横浜公演開幕時点でフロロー役に川口竜也さんが入っていることで大きな話題になりました。

ノートルダムの鐘の追加キャストにジャベールがフロロー!ヒー!」となったのです。私もヒーヒー言いました。

そして遂に2018年5月25日にフロローデビュー実現となりました。ヒー!

出演発表は前日でした。劇団四季では事前にキャストスケジュールを出さない方針なのです。

四季ファン歴は長いので突然キャスト発表することには慣れていたつもりでしたが、今回は流石にヒーヒー言いました。いや、仕方ありません。

実は映画版フロロー役 村俊英さんのデビュー(レポ準備中)で横浜に突発観劇して間もない時期だったため、今回の川口フロローデビューを見に行くにはかなり無理くりだったのですが、急遽公演チケット(と新幹線チケット)を手配し、突発日帰り観劇をしてきました。

レミゼでジャベールを演じる川口竜也さんは素晴らしかったですし大好きな俳優ですから、フロローも絶対良いに違いないと確信していました。

まぁごちゃごちゃ言い訳していますが、ようするに欲望の赴くままにお金を支払ったということです。(笑)

そして見に行った結果は大正解・大満足でした川口竜也フロローは堂々のデビューでしたいや、めちゃくちゃ凄かったです!やばすぎ!最高!

川口竜也さんは大変に素晴らしいフロローを初日から演じられたのです。びっくりしました!

カーテンコールでは速攻でオール・スタンディング・オベーションになりました。いやそりゃそうでしょう。あんなの立たずにはいられません。我慢できませんでした!

想像以上のフロローを演じられました!またすぐにでもリピートしたい勢いです。

川口竜也さんが演じるフロローは、役作りのアプローチがこれまでのフロローのイメージとは変わり、一味も二味も違いました。

そして、驚くほどの演技力に魅了されました。度肝を抜かれました。

私は初めてこの作品でフロローの心情を察してしまい、ラストシーンでは涙が止まりませんでした。それほど凄かったんです。

カジモドやエスメラルダで泣いていた人(私)が、まさかラストでフロローに感情移入して泣くことになるなんて!

それだけではありません。フロローに対しては強い恐怖心を抱きました。これはきっとカジモドやエスメラルダが感じたであろう、逃げ場は一切ない、鬼気迫る演技に怯え、息を呑みました

川口フロローに追い込まれる疑似感覚とでもいいましょうかね。とにかくめちゃくちゃ怖かったです!

見た目にも渋くてカッコいいですし、強面で目が大きいですから、半端ない凄みです!

そして何と言っても川口竜也さんの美声です。ジャベールで知ってたけど、声がヤバすぎです。

歌声が良いのはもちろんのこと、台詞を話す声までいちいちエエ声です低音がビンビン響きます

大合唱の中でもフロローの歌声が地を這います!これ、大袈裟でも何でもないので体感して頂きたいです!

KAATのノートルダムの鐘は極上音響で、更に歌ウマキャストがズラリ勢揃いしています。

その極上環境に加えての川口竜也フロローの美声・ヘルファイアーが炸裂ですよ。ええんですか?こんな凄いことをやってしまって・・・

さて、前置きが長くなりましたがここからは川口竜也さんが演じたフロロー像を私なりの解釈で簡単にレポートします。

先にお断りしておくと、この記事は川口竜也さんのフロローデビュー日の観劇感想・レポであり、今後演じ方は変えていかれる可能性があります。

また、ミュージカル『ノートルダムの鐘』は、演者によって解釈や演技の幅をある程度委ねられている作品であります。

ですからどの方が演じるフロローが正解なのか?という答えはありません。カジモドやエスメラルダやフィーバスにも、同じことが言えます。

実際に舞台を見た人が何かを感じればそれが答えであり正解ですし、突き詰めればキャストの比較や違いを考えて楽しむこともできます。

初演キャストの芝清道さん、野中万寿夫さん。映画オリジナルキャストの村俊英さんが演じるフロローも大変素晴らしいのです。私は皆さん好きなのであしからずご了承ください。

当然、当日演じられたキャストは皆さん素晴らしかったのです。文字数の都合により全員のレポはできませんことをお許しください。

そして大事なことですが、この記事ではラストシーンの結末部分についても言及しますので未見の方は注意してください。ネタバレします!

感想はもちろん私の私感です。それでは書きます。

 

 

 

劇団四季ノートルダムの鐘:川口竜也フロロー演技について

1:大助祭としての最初の登場

物語の冒頭からクロード・フロローは登場します。

会衆が「人々は震え上がった」と説明するように、大助祭としての登場から威厳や威圧感たっぷりです

しかし説教の声は冷静で落ち着いており、ハッキリ、聞きやすい台詞回しでした。低音が響きます。

 

2:青年時代のクロード・フロロー~兄弟の仲違い

川口竜也さんは見た目が若く見えるので、青年時代のクロード・フロローは特に違和感はなし。

弟、ジェアン・フロローの佐藤圭一さんと並んでも兄弟に見えました。

印象的だったのはジェアンへの笑顔です。勉強嫌いのジェアンがこっそり街へ遊びに行く時には「もうかばってやらない」と言いつつも、仕方ないなという調子で笑っていました

ここで訝しげな表情をするのではなく、笑っているクロードを見たのは初めてでした。(他のフロローは呆れたり怪訝な様子になる)

これによりフロロー兄弟は本当に仲良しで、お互いに信頼し愛し合っていた関係性が強調されました

兄の誕生日にジプシー女(フロリカ)をノートルダム大聖堂に連れ込んだことがデュパン神父にバレてしまい、ジェアンは破門になります。

デュパン神父に許してもらえるように懇願するクロード。川口竜也さんは他フロローがやる両手を組むようにお願いするポーズはしていませんでした。

この日の佐藤圭一さんのジェアンは凄く熱くて、怒鳴り散らすようにして激しく怒っていました。

兄弟の再開では、病気で倒れ込んでいるジェアンを心配し癒やすように、ジェアンのそばで跪き手を取って歌っていました。

 

3:エスメラルダに断られて~カジモドへの虐待

ノートルダムの塔楼。フロローはエスメラルダに同棲を提案しますが、エスメラルダに汚らわしいもののように拒否されたことで、これまで一貫して冷静だった態度が豹変

「なんてことをーー!!」は絶叫エスメラルダはビクゥッと身を竦めます。

エスメラルダの腕が折れるのでは?と心配する程強く引っ張ります。

心配そうに様子を見ていたカジモドと目があうと、弱く「カジモド・・・」と。

しかし徐々に怒りがこみ上げたフロローはカジモドを虐待します。

フロローに突然叩かれ、父の名を言われ、パニックになり暴れるカジモドの襟首を掴んで強く揺さぶり「いいから聞け!!」と怒鳴り上げます

これまでのフロローよりもかなりバイオレンスな表現となり、このシーンは目を背けたくなるほど相当に恐ろしいものでした。

 

4:一瞬迷いを見せた

フロローの命令に背いたフィーバス隊長は、エスメラルダを庇おうとしてフロローにナイフで背中を刺されます。

川口フロローはナイフを持ち振り上げた時に、瞬迷いを見せたように動きが止まりましたが、その後フィーバスを刺しました。

 

5:バスティーユの独房

独房内でエスメラルダと二人きりになったフロロー。

川口フロローはニヤニヤしながらエスメラルダに接近します。フロローからなんとか距離をとろうとするエスメラルダ。

エスメラルダに「あなたのものになるなら死んだ方がマシ」と言われると、ものすごい怒鳴り声で「じゃあフィーバスはどうだ?!アイツも死んでいいのかぁ?!!」と恫喝します。

エスメラルダは萎縮し、静かに「いいえ」と答えます。

エスメラルダに「あなたは怪物」と言われてからは狂ったようになり、瞳孔を開いたまま上ずった声でエスメラルダとの距離を縮めていきました。

 

6:エスメラルダの火刑

フロローによるエスメラルダへの最後の問い、「私からの申し入れは考えたか。答えは?」は、エスメラルダの顔に近づいての小声で。

エスメラルダはフロローの顔に唾を吐きつけます。川口フロローは親指1本で顔を拭っていました

刑執行人から松明を奪い、川口フロローはエスメラルダの方を見て一瞬ニヤリとしてから、火を放ちました

エスメラルダの悲痛な悲鳴が広場に轟きます。

 

7:怒涛のラストシーン

ラストシーンは怒涛の演技でした。

エスメラルダの死後、塔楼に上がってきた川口フロローは、出入りする階段の途中で中腰の状態のまま「死んだのか?」とカジモドに問います

そして何かに取り憑かれたように目を見開き震えながら「これでやっと元の生活に戻れるな」とカジモドに言います

怯え、震えたまま「遂に魔女は死んで」と歌い始める川口フロロー。

カジモドに「お前は人を愛したことがあるのか?!」と問われると、「弟を愛していたぁ!!」と狂ったように絶叫します

聞こえてくるジェアンの霊の声に反応し、さらに怯えていたことも特徴的でした

 

劇団四季ノートルダムの鐘 川口竜也フロロー感想:解釈とまとめ

今回、川口竜也さんのフロローを拝見して私が強く感じたのは「弟への歪んだ愛と呪縛」です。

これまで私は、フロローが言う「弟を愛していた」というのは詭弁であり、ジェアンに嫉妬をしているのではないかと思っていました。

しかしノートルダムを抜け出して「遊びに行く」とジェアンが言ったときの川口フロローの笑顔は、完全に弟を許していたし愛していました。

しかし弟が言わば自分のせいで破門になり、その結果弟は病気になって死にました。

体の変化を誂われ、ジェアンと赤子(カジモド)を残して先に死んだジプシー女のフロリカ(カジモドの母)のことは、フロローはきっと恨んだことでしょう。

弟にギルティーを感じてフロローはカジモドを育てます。青年時代とは違い大助祭になった後の川口フロローは、厳格な聖職者になっていました。

「弟は救えなかったが、この子(カジモド)が正しく生きていけるように育てよう」と誓ったように、大人になったカジモドには笑顔を見せることはありませんでした。

そして、エスメラルダについては本当に魔女だと思っていたように思えました。

かつて弟を堕落させたジプシー女は邪悪な存在そのもの。それなのに相反してエスメラルダを愛してしまった自分を強く責め、葛藤します。

ですから自分の女にならなければ「死」であり、エスメラルダを死に至らしめることは「義務だった」ということなんですね。

これらのフロローが言う理屈は一見不条理に思えるのですが、フロローにとっては道理にかなったことだったのです。

カジモドに「もう大丈夫だ」「魔女のことは忘れよう」「やっと二人で暮らせる」と言ったのは洗脳したい為の詭弁ではなく、本心からだったことが伺えます。

川口フロローは突然大きな声で怒鳴り上げたり、エスメラルダを恫喝したり、カジモドを睨みつけたりします。そうかと思えば怯えて震えたりしていました。

これらの表現はとても人間くさくリアルであり、私はフロローというのはこういう人だったんだと納得し、ストンと落ちました。

川口フロローの最後は、弟ジェアンの霊の歌声に怯えます。

怒り狂ったカジモドに殺されるという恐怖から、その時だけ弟の声が聞こえたのか、それとも川口フロローには弟の霊がいつも見えていたのかはわかりません。

愛していた弟を過去に救えなかった結果、皮肉にも弟の息子(カジモド)に殺されてしまうフロローの宿命と悲劇。

フロローは断末魔とともに塔楼から落下。私は色々と納得がいきすぎて、フロローの心情を察し、涙が止まりませんでした。

 

さて、いかがでしたか?

最後の解釈のところは私が感じたことをそのまま書いていますので、あまりとらわれずに、実際に見て、感じていただけたらいいなと思います。

繰り返しますが、私は川口竜也さんが演じたフロローはとても納得がいきました!もう本当に良かったです。素晴らしすぎました。

歌や声が良いというのはもちろんのことですが、川口竜也さんの中で生きるフロローという男をしっかりと咀嚼することができ、私もこれまでとはまた違った視点でこの作品を見ることができたことは、大収穫だったと思います。

すごい演技力でした。流石としか言いようがありませんでした。いやぁ、エエんですか?こんなすごいことをやっちゃって・・・

さて!川口竜也さんのフロローですが、川口さんの今後の他作品の出演スケジュールから予想すると、ノートルダムの鐘横浜公演の後は、生きる~レミゼのツアーが終わるまでは、フロローを拝見することは難しそうな気配です。

2017年のカジモド役海宝直人さんのように、レミゼのツアー中にカジモドを演るという離れ業もないとは言えませんが、普通に考えると2019年の秋頃まではフロローとしての再登場は難しいかもしれません。

ということは、横浜で出ている間に早めに見ておくのが吉!ということでしょう。

劇団四季やノートルダムの鐘ファンの方はもちろんのこと、「レ・ミゼラブル」の川口竜也ジャベールのファンの方にも、川口竜也さんが演じるフロローは是非見て頂きたいと思います!

そして、普段は劇団四季しか見ないという方は2019年の「レ・ミゼラブル」の川口竜也さんが演じるジャベールも見てください。

チケットが取れますように!今回はこのぐらいにしておきますね。それでは!

ノートルダムの鐘のチケットを検索する icon(チケットぴあ)

 

 

 

観劇当日のツイッターつぶやき(感想)まとめ:

殿堂
劇団四季ノートルダムの鐘名古屋公演・横浜公演チケットの取り方 値段と発売日は?より確実に予約・購入する安全な方法まとめ
劇団四季ノートルダムの鐘名古屋公演・横浜公演チケットの取り方 値段と発売日は?より確実に予約・購入する安全な方法まとめ

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季の新作ミュージカル『ノートルダムの鐘』名古屋公演(名古屋四季劇場:2018年9月22日開幕)/横浜公演(KAAT神奈川芸術劇場<ホール>: …

殿堂
帝劇レ・ミゼラブル2019 全国ツアー公演キャスト発表!新旧キャスト紹介&まとめ
帝劇レ・ミゼラブル2019全国ツアー公演キャスト 帝国劇場チケット・上演スケジュール・新旧キャスト紹介&まとめ

YouTubeはレ・ミゼラブル2017公演のプロモーションVTR   【早くも始動!】日本初演30周年記念全国公演のご好評を受け、ミュージカル『レ・ミゼラブル』は2019年の上演が決定いたし …

殿堂
【初心者向け】帝劇レ・ミゼラブルってどんなミュージカル?あらすじ・登場人物紹介・豆知識など作品の魅力をわかりやすく解説
【初心者向け】帝劇レ・ミゼラブルってどんなミュージカル?あらすじ・登場人物紹介・豆知識など作品の魅力をわかりやすく解説

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 日本では、東宝が製作し、東京ほか、全国ツアー公演で上演するミュージカル『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)について書いていきますね。 …

 

劇団四季ノートルダムの鐘 2018年5月25日(金)の出演者 KAAT神奈川芸術劇場<ホール>

カジモド:金本泰潤
クロード・フロロー:川口竜也
エスメラルダ:宮田 愛
フィーバス隊長:光田健一
クロパン:阿部よしつぐ

フレデリック:塚田拓也
ルイ11世:安部三博
大空卓鵬
賀山祐介
聖アフロディージアス:高舛裕一
デュパン神父:平良交一
ジェアン・フロロー:佐藤圭一
大木智貴

フロリカ:小川晃世
杉山由衣
時枝里好
宿屋の女将:小島由夏

クワイヤ(聖歌隊):
柳 隆幸
坂下良太
澤村楽人
山下泰明
井上隆司
青井緑平
山﨑聡一郎
和田ひでき
遠山美樹
片山美唯
潮﨑亜耶
土居愛実
河村古都
谷 明実
秋山知子
織笠里佳子

 

 

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』公演情報

劇団四季ノートルダムの鐘

横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2018年4月8日開幕~8月28日千穐楽
名古屋公演:名古屋四季劇場 2018年9月22日開幕

原作:ヴィクトル・ユーゴー
演出:スコット・シュワルツ
脚本:ピーター・パーネル
音楽:アラン・メンケン
作詞:スティーブン・シュワルツ
日本語台本・訳詞:高橋知伽江
演出スーパーバイザー:味方隆司、北澤裕輔
音楽監督:鎮守めぐみ

ノートルダムの鐘のチケットを検索する icon(チケットぴあ)

ホテル・ツアー・航空券・高速バスを検索する

広告

リトルマーメイド大阪観劇会
ブログ更新状況やイベント先行案内が届く無料メルマガを配信中!

関連記事・Ad

禁断劇場イチオシ記事

『チケットセディナ』で宝塚歌劇団チケットの当選率アップ?!ゴールドカード会員ならチャンスは2回!セディナカード枠の使い方 1

禁断 @J_kindan です。 私感ですがミュージカル人気公演のチケットのとりやすさは、劇団四季 >>> 宝塚歌劇団 ≒ 帝劇ミュージカルです。あくまでも私感ですよ。 劇団四季は「四季の会」会員にな …

ミュージカル公演チケット、先行抽選・先着先行・まもなく発売開始・発売中チケット一覧 2

  このページではミュージカル公演チケットの最新情報をご案内します。 ミュージカル公演の先行抽選、先着先行、まもなく発売開始、そして発売中のチケット情報をまとめています ※リンク先は常に最新 …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2018年8月・9月版】 3

  みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はWOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました。 WOWOWでは特にトニー賞、井上芳雄、宝塚歌劇、2.5次元舞台 …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 4

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今回はタイトル通りですが、ミュージカル観劇に使えるクレジットカードのご紹介をします …

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』2018東京・大阪公演チケット・会場・料金と魅力について 5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 カナダに本部を置きラスベガス等世界中で公演をしているエンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユはご存知ですか? 以前日本での公演を見たことがあ …

【カード枠】ミュージカル演劇チケット購入の選択肢としてかなり使える!オススメカード枠チケットサイト紹介&特徴まとめ 6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 みなさんはミュージカルや演劇のチケットはどこで購入していますか? ミュージカルや演劇チケット購入の選択肢は、多くあればあるほど有利です。 劇団四季 …

-ノートルダムの鐘, レ・ミゼラブル, 劇団四季, 観劇感想
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2018 All Rights Reserved.