劇団四季ノートルダムの鐘感想 野中万寿夫フロローの静かな狂気に恐怖し優しさに涙した観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘感想 野中万寿夫フロローの静かな狂気に恐怖し優しさに涙した観劇レポ

ノートルダムの鐘 劇団四季 観劇感想

劇団四季ノートルダムの鐘感想 野中万寿夫フロローの静かな狂気に恐怖し優しさに涙した観劇レポ

投稿日:2017-01-19 更新日:

 

ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘

禁断J (禁断先生)さん(@kindan_jurun)が投稿した写真 –

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。

劇団四季ノートルダムの鐘(東京公演:四季劇場[秋])を観劇してきました。

今回はノートルダムの鐘の観劇感想を書いていきます。

もう一人のフロロー役、野中万寿夫さん中心の観劇レポです。

めっちゃ良かったですよ!

 

 

広告

劇団四季ノートルダムの鐘観劇感想

私は開幕から4回連続で観劇したノートルダムの鐘は、ダブル・オープニングキャストのカジモド役、海宝直人さん(3回観劇)・飯田達郎さん(1回観劇)以外のメインキャストは同じでしたが、今回の観劇ではフロロー役は野中万寿夫さんでの観劇となりました。(前回までの観劇は芝清道さん)

野中万寿夫さんといえばこれまでに私は「夢から醒めた夢」のヤクザ、「ライオンキング」スカー、「キャッツ」マンカストラップ、「マンマ・ミーア!」ビル・オースティンなどで拝見してきました。

見た目や風格もオリジナル・プロダクションのフロロー役、パトリック・ページにも似ているし(白髪具合とか背格好など)、さらに野中万寿夫さんのフロローは登場時から既に観劇した人によるTwitterでの評判が高く、大きな期待を寄せていました。

そして今回実際に観劇したところ、かなりかなり!好きなフロローでした。

今回は、可能な限り(覚えている限り)芝清道さんのフロローとの違いもまじえて、野中万寿夫フロローのレポを中心に書いていきます。

 

【ネタバレ注意】この記事では物語の結末部分にも触れます。ノートルダムの鐘観劇前で詳細に知りたくない人は、この先は読み進めないようにしてください。

 

 

 

野中万寿夫フロローは嫌味のない実直で敬虔な聖職者だった!暴走っぷりが冷静冷酷で恐ろく、震えた。優しさに和らぎ涙した

(Instagram:gekidanshiki_official ノートルダム鐘稽古場 フロロー:野中万寿夫)

まず始めに書いてしまうとコレです。野中万寿夫フロローと芝清道フロローとの大きな違いはココ。

芝フロローはどちらかといえばものすごく嫌味な男で、権力を大いにふりかざすし欲望(いわゆるエロ心)は隠しきれておらず下心丸見えでめちゃくちゃ気持ち悪いし、人間クサイ部分がかなり見えてしまっているのです。※これはもちろん褒めています

 

野中万寿夫フロローはその逆で、嫌味な部分は弱め。真面目で実直、敬虔な聖職者そのもの。欲望の部分はなんとか押さえようとして苦しんで苦しんで苦しみぬく。葛藤の部分がとても強く感じましたし、だからゆえに暴走ぶりがとても恐ろしく狂気に感じました

そして大きく感じたのは「優しさ」です。優しい聖職者であり、カジモドの父(本当は叔父)でもあります。「時々息子のように思う」というのも嘘ではないでしょう。

 

そうきたか。と思いました。観劇中、カジモドをかわいがる野中フロローの優しさを感じて自然と涙がでました。

 

フロローはカジモドを20年間もノートルダム大聖堂の鐘撞き塔に閉じ込めて外界から隔離してきたのですが、それはもちろんハンチバックなカジモドを差別や迫害から匿うということでもあるし、ある意味自分都合な洗脳もしやすい環境だったともいえます。

ところがエスメラルダが登場し状況は一変します。

フロローは、エスメラルダがカジモドに何かを吹き込むことを極端に嫌がります。エスメラルダは「考え方を教えるぐらいいいじゃない」と言うのです。しかし、それでは都合が悪いんですね。

 

芝フロローの場合は、エスメラルダにエロい誘いを見抜かれて断られたことへのあてつけのように、その後カジモドを虐待していました。(カジモドはとばっちり)

でも野中フロローは違っていて、本当にそんないやらしい意味ではなくエスメラルダを誘った(大聖堂に住むように言った)のに、「いやらしい目で見ている」と言われ断られたことでプライドを傷つけられ激昂したように見えました。

「私と一緒に住もう」といったのがマズかったのだと思うけど。

ここが野中フロローのスイッチが入った瞬間(暴走へのキッカケ)だなと思いました。エスメラルダをも保護しようとしたのです。ちょっとエロい念は入ったけど。まだ優しさがあった。

 

野中フロローのその後のカジモドへの体罰は、カジモドを「私達を誘惑する悪魔(=エスメラルダ)」から、本心で守ろうとしているように見えたし、エスメラルダに怯えているようにも見えました。あ、この人は本気で息子(本当は甥だけど)を守ろうとしているな、と。

こんなにまで女性に心を揺さぶられたことはいままでかつてなかったのでしょう。

いや、一度ありましたね。ジェアンが連れてきたフロリカです。あのシーンは短いですがフロローにとっては初めて女性に誘惑された大きな出来事でした。体の変化までからかわれた。

フロリカもジプシー女でしたから、エスメラルダを性的に警戒するのは当然なのです。

まぁ結果的に自らの欲情の念が強くなりすぎるのですが。

 

芝フロローの場合は同じ台詞を言うけどそれは詭弁であり、自分自身の欲望をエスメラルダに見抜かれた気まずさや気恥ずかしさから大声でエスメラルダを追い出し、カジモドにはそれを察知されぬように無理くりに体罰を与えているように感じたのです。

 

はい、この1シーンだけでも、全く違います。非常に面白いですね。

 

これはキャストの演じ方もそうですし解釈の仕方もそうですし、もちろん見ている者(=この感想を書いている私)の感じ方の違いもそうでしょう。

 

先日「ヒルナンデス!」でカジモド役の海宝直人さんが「今回は演じ方や解釈については演者にある程度任せられている」と話していました。カジモドの海宝直人さん・飯田達郎さんでも演じ方は全然違ってきます。個性が強く出ます。

なので、フロロー役のお二人がここまで違ってくるのは当然なんですね。ただのコピーではない、全く別味のダブルキャストを楽しむことができるのがこの『ノートルダムの鐘』なのです。

ほんまにめちゃくちゃエエ作品ですよ。コレやばいヤツよ。

 

オープニングの冒頭、「人々は震え上がった」と説明するコロス(語り部)。

「震え上がった」のはフロローの説教を聞く人々のことですが、「兄弟のみなさん、我々は…」と語りだす野中フロローの口調は震え上がるどころか、和らぎを感じるかのように耳ざわりがよく、優しい声なのです。

その滑らかな台詞の出だしにまず驚きました。

そうか、野中さんの演じるフロローはこんな声なんだ。ヤクザともちがう、スカーとも違う、これまでに聞いたことがない(ドスの効いていない)綺麗な柔らかい声です。

ああ、こんな大助祭が目の前にあらわれたら、この人の説教どおりにちゃんと言うこと聞いて、今日は年に一度の大きなお祭りだけどちゃんと自制しなきゃな…と思うほど。

 

芝フロローは「兄弟のみなさん!」からかなり高慢で威圧的です。聖職者でありながら人々を見下しています

野中フロローは声には威圧感は感じません。もし震え上がるとしたらその風格でしょう。長身で体格もよい野中万寿夫さんは、聖職者らしからぬ強さや男らしさ、そしてたくましさを感じます。

 

ジェアン(男性7枠)とクロード(フロロー)の「なかよし兄弟」の回想シーンでは声色を高く変え、張りのある若々しい声で歌い台詞を喋る野中フロロー。

「クロードは優しい兄さん~♪」もいいです。ほんまに優しい。弟(ジェアン)との会話もめっちゃ優しい。

ジェアン役は今回も佐藤圭一さん。佐藤さんのジェアンは熱くて好きです。フロリカの事をデュパン神父に見つかりそうになり、クロードが告げ口しないように、ニヤニヤしながら一生懸命に兄の肩をモミモミするところも含めて好きです。

 

結局ジェアンの肩もみの甲斐もなくクロードがフロリカを差し出して神父様は激怒。「でてゆけ!ジェアン!」の声がめっちゃ強く、やたらエエ渋声の平良交一デュパン神父様

ここの圧倒的な声にはいつも震え上がります。「破門にするしか・・・ないっ!」で、ジェアンを指していた指を、下にサッと振り下ろす仕草がカッコよくてたまりません。ヒー。

 

ジェアンはフロリカと出てゆき、フロローは後ろ髪をひかれつつもどんどん出世していきます。

フロリカ役(女性1枠)は今回お初の平木萌子さん。前回の小川晃世さんもそうですが、ジェアンが「美しいフロリカと旅をしていた」という説明には納得の美人。フロリカの場合は黒の髪色。以降は金髪に近い色に変わります。(鬘チェンジ)

 

数年後、ジェアンからの手紙を受け取った野中フロローは、「ジェアン…!」と静かに呟く感じでした。(芝フロローは割と大きめな声で驚くように「ジェアン?!」)

その後ジェアンと再会したクロード。赤ん坊(カジモド)を手渡された野中フロローは、チラと赤ん坊を見る程度で即「怪物だ!」と言っていました。あまりしっかりと見ない感じ。

 

その時に、フロロー兄弟のやり取りを、冷たい目つきで睨むように見つめるアンサンブル。これは何か意味があるのでしょうか。ちょっと気になっていますここ。

「俺の子だ!」兄に赤ん坊を託し、カラダを震わせながら死んでゆく佐藤ジェアン。うん、アツい。

野中フロローは慌てて十字を切っていました。弟への愛情と優しさをにじませていた分、弟が死んでしまった罪の意識を大きく感じているし、とても焦っているようにも。このあたりの表情演技はさすがです。

 

アンサンブル「できそこないという意味のその名は!」フロロー「カジモド!」という流れの部分は、野中フロローはやはり「カジモドっ」と、名付けるように短く言い切っていました。芝フロローは「カジモドォー」と不気味な感じです。

さらに言うとカジモドへの「上へ行け!」も優しかった。

 

時は経ちカジモドは大人に成長。ガーゴイルと空想の会話中にフロローが鐘撞き塔に入ってきます。

先程の青年時代とは変わって落ち着いた低めの大人の声に。「おはようカジモド」がやたらエエ声で、そしてやはり優しい。全然高圧的じゃない、カジモドにも優しい野中フロロー。

「キリストの御血、御体」らへんは、聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな祈りのような声で。

 

そして歌に入ります。「サンクチュアリ」から独特の揺らし歌唱が出ていました。野中万寿夫さんはこの歌い方がクセになります。

いってしまえばやや演歌風ですが、決してそれが悪いというわけではありません。とても魅力的です。ここまで独特だと後から尾をひき、聴く者はクセになってしまう歌い方です。

野中フロローのその歌の揺らしに応えるように何度も頭をペコペコと下げ、フロローの手を取りキスをする海宝カジモドがいじらしくて、早くも泣けてきます。

 

トプシー・ターヴィー事件後の「サンクチュアリ・リプライズ」では、さらに激しく、ねちっこくゆらして歌う野中フロロー。「せい~いき~♪」や「そこに~いろ~♪」の辺りが特に独特です。

またもやいじらしくフロローの言うことを聞くように、ヘコヘコする海宝カジモド。うう…

 

「道化の祭り」でカジモドが民衆に襲われている間、わざとすぐには助けなかったフロロー。

芝フロローは「言いつけを守らなかったカジモドをこらしめるため」のように思えましたが、野中フロローの場合は本当に「カジモドに言い聞かせるため、冷たい世間の現実をわからせるため」に、あえて辛い選択を選んだようにも。

 

そして例のエスメラルダのスカーフにおい嗅ぎは、芝フロのように「スウゥーッ」と思いっきり嗅ぐのではなく、野中フロローは「スッ」と短めでした。ほぉ。

芝フロは堪能型、野中フロは確認型でしょうか。

 

そしてビッグ・ナンバーの「ヘル・ファイアー」。

芝フロローの大聖堂を切り刻むかのような強烈な早い揺らしに対し、野中フロローはまるで地の底から蠢くようなゆったりとした揺らしでナンバーを最高潮に盛り上げます

野中フロローのヘル・ファイアーも超迫力でググッと息を呑みました

このナンバーでスタンディング・オベーションしそうになったほどです!めっちゃ凄かった、ブラボー!

 

2幕バスティーユの独房。エスメラルダと二人きりのフロロー

芝フロローは最初からエスメラルダを襲う気満々だし、いやらしい目つきでめちゃくちゃ気持ち悪いのですが、野中フロローはそうではなくエスメラルダと口論になる内に興奮して襲ってしまうような感じに。

「怪物?いや違う、私は人間なんだ!」という主張は、野中フロローは本心から言っているよう。もちろんエスメラルダは拒絶。

ここら辺りの演技の攻防(野中万寿夫フロローと岡村美南エスメラルダの演技のせめぎあい)は強烈なインパクトがあり、どちらも迫真の演技です。思わず手に汗を握ります。

 

そしてエスメラルダの火刑シーン。

フロローの最後の問いかけにも「NO」の態度を示すエスメラルダは、フロローの顔にツバをはきかけます。

芝フロローはツバをはきかけられたらすぐに手で顔を拭くのですが、野中フロローはすぐには拭かず、そのまま前進してエスメラルダから離れてから、やっと手で顔を拭いていました。

今回は岡村エスメラルダがフロローに火を付けられる直前に「フロロー!」と言っていたのが印象的でした。

 

フィナーレ、一連の騒動の後の鐘撞き塔(ラストシーン)。

野中フロローの「死んだのか」の冷静な言い方にはゾッとするものを感じました。「やっと魔女が死んで~♪」の歌い方も。死んでの「ん」の半音上げがやたら不気味に感じます。

だがその行いを後悔しているようにも。ブツブツと小声で祈りを唱えているようでした。自分を正当化するべく神に祈っているのでしょうか。

しかし、その後のうろたえ方や狼狽っぷりが見事でした。

そして壮絶な○○、○○○・・・

 

あ…あぁ…なんじゃこりゃ!

いやぁ…良かったです。一体なんなんですか、このフロローは!

毎回作品のパワーに圧倒されるわけですが、もう、こんなの見せられたらグッタリですよ。

 

芝さんのドエロフロローも好きだけど、野中さんの真面目からのプッツンフロロー…めっちゃ良かったよぉ悲しかったよぉ怖かったよぉ…

そして優しかった、最後まで

カジモドとやり直そうとしていたもん、最後ね。カジモドはもう怒り狂ってフロローの洗脳にはかかりませんでしたが。

ラストで「カジモドと関係修復を図ろうとした」ことについては、より父性の強い野中フロローの演じ方がスッと落ちたし、私は妙に納得しました。

 

いやこれしかし、野中さんのフロローを見た後にまた芝さんのフロローが見たくなりますね。

いや本当に全然違いましたもん!はっ、だから頻繁に交互出演にしているのかしら?もうノートルダムのチケットはないというのにグヌヌ。

そしてまだ見

 

 

 

たことがない宮田愛エスメラルダと野中万寿夫フロローとの台詞の応酬は、一体どんなふうになるのかも見たいです。

宮田エスメはかなり強気に話すそうですから、また感じ方が変わってくるでしょうね。

 

海宝直人カジモドの完成度の高さ

5回観劇中4回、カジモド役は海宝直人さんでした。

劇団四季はキャストスケジュールが事前に出るわけではないので(直近の一週間前には出ますが)、これは狙ってそうなったわけではありません。

海宝直人さんは期間限定出演であることは間違いないので、初演開幕から集中して海宝カジモドを観劇できて良かったです。

 

海宝直人カジモドは、基本的に「ずっとカジモドのまま」なんですね。冒頭の登場シーンから、ラストの○○へ戻るシーンまではずっとカジモドを演じ続けます。

歌うシーンになっても顔を半分麻痺させたまま(という顔演技をして)歌い続けます。

そしてやはり素晴らしいのはその歌唱力です。開幕のころから既に出来上がっていましたけど、毎公演まったく危なげがないところが凄い。これは圧倒的といってもいいでしょう。

 

前回の記事でも書きましたが、特筆すべきは驚異的なロンググレスとロングトーンです。

「陽ざしの中で」や「メイド・オブ・ストーン(石になろう)」もそうですが、フロローのヘル・ファイアー前の「ヘブンズ・ライト(天国の光)」でも、スコーンと伸びるロングトーンを堪能できます。

短いナンバーですが、これもいいですね。カジモドに優しく語りかける女性4人のガーゴイルもいいです。

もちろん顔は歪めたままですよ。めっちゃエエです。凄く好みの歌声です。

 

さらに今回はラストシーンでのフロローへの詰め寄り方が凄かった!気迫を感じましたし、アツかったし、その怒り具合に恐ろしさを感じた程です。

その後での悲しみからの大泣き…この落差ですね、とても辛く、切ないです。

 

海宝直人カジモドはもう既にほぼ完成していると思いました。

毎公演素晴らしい熱演・熱唱です。そして最近は涙をボロボロこぼしているとか?

そんなの見せられたらもっとたまらないでしょうね。

 

その他今回の観劇で感じたこと気づいたことまとめ

・オープニング冒頭、阿部よしつぐクロパンの「パーリの朝、鐘が鳴り響くよ♪」の歌声がいつもめっちゃ好き。優しい感じ。

・同じオープニングで岡村美南エスメラルダが歌う「この街の魂を歌う鐘♪」が既に美しい。好き。

・カジモドを「道化の祭り」に行くように促すガーゴイル達。最初に小さな銅鑼を鳴らすガーゴイル(男性1枠)は、コーンという音にあわせての変顔は、今回はしていなかった。

・トプシー・ターヴィーでの暴徒シーン。トマトを投げつける民衆。トマトがカジモドに当たる「パン!」という音はアンサンブルが○を叩いて鳴らしている。

・だけど投げたトマトがどこにいくかは謎。これはいつもわからない

・暴徒vsカジモドのシーン。今回カジモドの王冠が途中でふっとんでしまった。途中女性3枠の吉田絢香さんがうまく王冠を拾い、エスメラルダがクロパンと共に煙幕で逃げた後で、カジモドに詰め寄る際に王冠をカジモドに投げつけて返却。

・「ゴッド・ヘルプ」岡村美南エスメラルダの「私なら大丈夫」の「わたし」の倍音がよく鳴って好き。

・「酒場のダンス」の荒削りな感じが好き。毎公演見るたびにあのシーンはどんどん好きになってきている。打ち鳴らすタンバリンもアツい。

・ルイ11世から「魔女逮捕」の特別権限をもらったフロロー。その後の「国王陛下の命だ~♪」と歌う平良交一さんめちゃくちゃエエ声。あそこは少し長めに歌うのでめっちゃ好きなところ。ほんま良すぎ。

・野中フロローの「わかった、火をつけよう」の言い方が冷静すぎて怖かった。

・実はそのシーンですぐそばに居てるエスメラルダ。フィーバスが葛藤するところでは被っていたフードを取って顔も丸出しに。周りの兵士も含めてフロローに気づかれないのはちょっと不思議。

・エスメラルダやクロパンが煙幕攻撃をする時の音「ブシャーン!」が結構好き。

・「エスメラルダ」でのカジモドのハイトーンが好き

・エスメラルダが怪我をしているフィーバスを連れて鐘撞き塔を訪れた時に、カジモドがフィーバスに襲いかかろうとするのは、少し謎。(フィーバスは暴徒から守ってくれた人だとは知らない?)

・後の展開を考えると、エスメがカジモドの頬にキスをするのは、少々残酷な感じがする。

・何度も閉められる床の蓋。「バターン!」と大きな音で鳴る。ラストの伏線でもある。

・聖アフロディージアス、キレイなエエ声

・エエ声で歌い続けるのに突然落ちる聖アフロディージアスの首。音楽も神妙な感じでやたらシュール。

・でも、この「エジプトの逃避」ナンバーがとてもお気に入り。

・フロローに嘘をつくカジモド。芝フロローは「カジモドォー」と言って詰め寄ったが、野中フロローは「カジモドっ?」と、問いただすような感じ。

・「奇跡もとめて」でフィーバスに手を差し出し握手するクロパンがやたらカッコイイ。

・阿部よしつぐクロパンの目つきが、イイ。黒く汚した顔からギラリと光る目。こわいけどカッコイイ。

・フィーバスに対抗してエスメラルダに「僕が君を守る」と言うカジモドがかわいらしくて健気で泣ける。エスメラルダは子どもに言い聞かせるように「ありがとう、でも」というのがまた泣ける。

 

劇団四季ノートルダムの鐘:2階C席からの眺めと着席した感想は

今回は2階C席から観劇しました。センターではなく上手サイドブロックの壁側、一番端の席です。

ここがね…意外に見やすくて良かったんですよ!まぁ、一部のシーンでは見えないところもあったりしたけど、思っていた景色よりも全然、しっかり見ることができました。壁側の端っこなのでちょっと斜めから見るような感じです。

2階C席はもしかしたら、センターブロックよりもサイドブロックの方が角度的には見やすいのかもしれません。

そして意外に音響は悪くはなかったです。通常四季劇場[秋]の2階席後方はあまり音は良くないという記憶がありましたが、ノートルダムの鐘に関してはそうでもなかったです。これはかなり調整をしてくれているのだと思いました。

そして恐らく2階後方席だからこそ、はじめて聞こえた音がありました。バスティーユの牢獄シーンで、耳の後ろ側から水がしたたるような音の「ピチャ、ピチャ」言うSEが聞こえたんですよ。

なんか、良くないですか?ピチャピチャって(笑)

牢獄の雰囲気がその音でよくわかりました。

 

まとめ:キャストによって全然変わってくるからやめられないノートルダムの鐘!

今回はこのぐらいにしておきますね。

ノートルダムの鐘は見る回数を重ねるたびにどんどん熱い舞台になっていることを感じました。今回もガッツリ泣かされました。

いや、ほんまにいいんですか?あんな凄いことを毎回やっちゃって。

そりゃあクセになりますよね!だってもう既にもう一回見たくてたまらないですもん。中毒性高すぎです。

 

今回観劇したフロロー役の野中万寿夫さんと芝清道さんでは、全く違った舞台になりました。

まだ見ぬエスメラルダ役:宮田愛さん、フィーバス役:佐久間仁さん、クロパン役:吉賀陶馬ワイスさんで、いつの日か観劇できることを楽しみにしています。

そしていずれ出てくるであろう、第3のキャストも…!

 

今回観劇したメイン・アンサンブルとも皆、素晴らしかったですよ。

ノートルダムの鐘はプリンシパルだけでなく、アンサンブルキャストの見どころも多いのがいいですね。

アンサンブルの主な役割や主な動きについて詳しくまとめてくださった記事はこちらです:

 

このまとめ記事はリピーターにとってはとてもありがたいですね。私も参考にさせてもらいます。

ノートルダムの鐘の次回観劇は(突発観劇がなければ)私は3月予定です!それでは。

 

劇団四季ノートルダムの鐘あらすじ(ネタバレ注意):

劇団四季ノートルダムの鐘あらすじ完全版
劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』あらすじ完全版 ネタバレあり

この記事は2016年3月22日に初出しましたが、内容を劇団四季版に書き直し再公開しました。   みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季新作ディズニーミュージカル『ノー …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘観劇感想

劇団四季ノートルダムの鐘感想
劇団四季ノートルダムの鐘感想 日本初演初日 魂を揺さぶる本格ミュージカルが重厚に開幕!観劇レポ

きたよ。 pic.twitter.com/Oa17BjWWXs — 禁断先生 (@J_kindan) 2016年12月11日 みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季の新作ミュー …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘2日目感想
劇団四季ノートルダムの鐘感想 海宝直人カジモドのロングハイトーンに痺れた 日本初演2日目観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/0eF5o25hVs — 禁断先生 (@J_kindan) 2016年12月14日 みなさんこんにちは!禁断 …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘飯田達郎カジモド感想
劇団四季ノートルダムの鐘感想 飯田達郎カジモドの美声に酔いしれた 日本初演3日目観劇レポ

今日はタツロー。 #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/Zgm6v1fw8i — 禁断先生 (@J_kindan) 2016年12月15日 みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想日本初演4日目
劇団四季ノートルダムの鐘 感想と作品の魅力をアツくタップリ語る 日本初演4日目観劇レポ

劇団四季ノートルダムの鐘 本日のキャスト #ノートルダムの鐘 pic.twitter.com/36blmNoFR4 — 禁断先生 (@J_kindan) 2016年12月16日 みなさんこんにちは! …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘田中彰孝カジモド感想
劇団四季ノートルダムの鐘感想 従順な田中彰孝カジモドと強い宮田愛エスメラルダに泣いた観劇レポ

  劇団四季ノートルダムの鐘本日のキャスト #ノートルダムの鐘 禁断J (禁断先生)さん(@kindan_jurun)が投稿した写真 – 2017 2月 3 1:15午前 PST ノートル …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 サムディで佐久間仁フィーバスの涙にもらい泣きした
劇団四季ノートルダムの鐘感想 サムデイで佐久間仁フィーバスの涙にもらい泣きした

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘を観劇してきましたので、今回は感想・レポを書いていきます。   広告 この記事の詳細を知るために目次を開く&rA …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘感想 飯田達郎カジモドがかわいくて仕方なかった
劇団四季ノートルダムの鐘感想 飯田達郎カジモドがかわいくて仕方なかった

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ノートルダムの鐘(四季劇場[秋])を観劇してきました。 今回はノートルダムの鐘の観劇感想・観劇レポを書きます。   広告 この記 …

続きを見る

劇団四季ノートルダムの鐘 四季劇場[秋] 2017年1月7日のキャスト

カジモド 海宝直人
クロード・フロロー 野中万寿夫
エスメラルダ 岡村美南
フィーバス隊長 清水大星
クロパン 阿部よしつぐ

【男性アンサンブル】
フレデリック(ノートルダム大聖堂警備隊副官) 野村数幾
ルイ11世 安部三博
大空卓鵬
賀山祐介
聖アフロディージアス 中橋耕平
デュパン神父 平良交一
ジェアン・フロロー 佐藤圭一
吉田功太郎

【女性アンサンブル】
フロリカ 平木萌子
大森真理
吉田絢香
宿屋の女将 小島由夏

【男性クワイヤ(聖歌隊)】
永井崇多宏
坂下良太
山下泰明
奥田直樹
青井緑平
澤村楽人
河野陽介
山﨑聡一郎

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
片山美唯
山本詠美子
青栁歌奈
千田みゆき
町島智子
河村古都
秋山知子
吉田瑛美

劇団四季ノートルダムの鐘キャスト情報はこちら:

劇団四季ノートルダムの鐘2017京都公演 初日キャストとパンフキャスト
劇団四季ノートルダムの鐘2017京都公演 初日キャストとパンフキャスト

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 劇団四季ミュージカル ノートルダムの鐘(京都公演:京都劇場 2017年7月23日開幕~9月28日千穐楽)について書いていきます。 今回は京都公演( …

続きを見る

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』公演情報

劇団四季ノートルダムの鐘

東京公演:四季劇場[秋] 2016年12月11日開幕~2017年6月25日千穐楽
京都公演:京都劇場 2017年7月23日開幕~9月28日千穐楽
横浜公演:KAAT神奈川芸術劇場<ホール> 2018年4月開幕

演出:スコット・シュワルツ
脚本:ピーター・パーネル
音楽:アラン・メンケン
作詞:スティーブン・シュワルツ
日本語台本・訳詞:高橋知伽江
演出スーパーバイザー:味方隆司、北澤裕輔
音楽監督:鎮守めぐみ

劇団四季限定豪華版 ノートルダムの鐘CD(omni7ロフトショップ)

ノートルダムの鐘(チケットぴあ) icon

広告

関連記事・Ad

この記事が気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

Twitterで 禁断先生をフォロー!

禁断劇場イチオシ記事

『デスノートTHE MUSICAL』2017 WOWOWでテレビ放送決定!浦井健治/柿澤勇人×小池徹平 2バージョン放送 1

※この記事は2017年9月24日に初稿、後に加筆して再公開しました 【記事更新】柿澤勇人×小池徹平バージョンの放送日時を追記しました   みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 …

WOWOWミュージカル番組表全リスト&オススメまとめ【2017年12月・2018年1月版】 2

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はWOWOWで放送するミュージカル関連の番組を一挙まとめました。 WOWOWでは特にトニー賞、井上芳雄、宝塚歌劇、2.5次元に力を入れています …

Vpassチケットミュージカルおすすめ公演 宝塚・帝劇・四季・梅芸・貸切・優待割引まとめ【2017年11月版】 3

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 今回はVpass(ブイパス)チケットについて紹介します。 宝塚歌劇団や帝劇ミュージカルなど、通常ルートでは入手できない貸切や半館貸切などの公演チケ …

ミュージカル公演チケット、先行抽選・先着先行・まもなく発売開始・発売中チケット一覧 4

  このページではミュージカル公演チケットの最新情報をご案内します。 ミュージカル公演の先行抽選、先着先行、まもなく発売開始、そして発売中のチケット情報をまとめています ※リンク先は常に最新 …

ミュージカル観劇に使えるクレジットカード紹介 5

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 あなたはクレジットカードを使っていますか?私は使っていますよ。 今回はタイトル通りですが、ミュージカル観劇に使えるクレジットカードのご紹介をします …

オペラグラスミュージカル最強なのはこれ 6

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。   今回は私が最近買った最強のアイテムをご紹介します。 これは本当にめっちゃ良い品で、早く皆さんにお伝えしたくて仕方なくてウズウズしてい …

観劇遠征・観劇旅行をするなら新幹線よりも航空機利用の方が安くてオトクという話 7

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 ミュージカルを観劇する時には劇場に向かうことになりますよね。 そうです。生の舞台を観劇するわけですから必ず劇場へ足を運びます。 ですが時々、遠方ま …

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』2018東京公演チケット・会場・料金と魅力について 8

みなさんこんにちは!禁断 @J_kindan です。 カナダに本部を置きラスベガス等世界中で公演をしているエンターテイメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユはご存知ですか? 以前日本での公演を見たことがあ …

-ノートルダムの鐘, 劇団四季, 観劇感想
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 禁断劇場 , 2017 All Rights Reserved.